購読料金
 (毎日更新)
法人向けサイト 月額 3,900円 (年払い、プラス年間1万円で週刊ジャーナルも郵送)
個人向けサイト 月額 2,500円 (6カ月 or 年払い、年間契約は1カ月分サービス)
 HOME企業動向 > 企業動向(2006年1月)
      
 <過去記事・2006年1月分> (詳細記事は会員サイト)
                                        ※非上場企業は下欄 

山菱電機(大阪市北区) ※法人向けサイト(倒産情報)のみの情報
     
 26日昼に経営緊迫を、27日に倒産(同日大阪地裁に破産申請)をそれぞれ速報
      購読会員には26日にメールで緊迫を速報


東京精密 10〜12月期は受注動向一変(1月31日)
東京電波 先に下方修正した予想を今度は上方修正だが(1月31日)
明電舎 モータ事業再編。甲府明電舎再出発(1月31日)
エルピーダメモリ 独禁法違反でNEC、日立含め総額100億の支払いへ(1月31日)
日本特殊陶業 MPUパッケージ増産に関わる動き(1月31日)
グラフィックプロダクツ 昨年参入の金型事業本格化目指しM&A(1月31日)
日本ビクター 鶴ヶ峰工場を閉鎖、統合へ(1月30日)
ユニダックス 2度目の業績予想上方修正(1月30日)
日立製作所 PDPの新工場建設報じられたが・・(1月30日)
エプソントヨコム 経営統合効果もあり受注好転、ジャイロセンサ事業育成(1月27日)
スタンレー電気 CCFL堅調だが、バックライトは伸び悩み(1月27日)
ソニー 今期は一転して黒字確保、回復路線に(1月27日)
日立電線 子会社を統合再編(1月27日)
メック パッケージ基板用に高シェアのCZシリーズ活況(1月27日)
ミヤチテクノス 精密溶接抵抗機メーカーを買収(1月27日)
リコーエレメックス ガスメータに不具合。影響大きそう(1月26日)
NECエレクトロニクス 子会社統合。通期予想には修正ないが・・(1月26日)
アンリツ 官公需低迷で今期は欠損に。関連事業分社も(1月26日)
三洋電機 増資の詳細と取締役の刷新決まる(1月26日)
ソニー 第8世代の液晶パネル投資報じられたが(1月26日)
村田製作所 ワンセグ、BRICs、ブルートゥース向けに拡大期待(1月25日)
コニカミノルタHD プリンタA3市場に本格参入。カメラ撤退後の動き(1月25日)
ユーシン精機 韓国大邱(テグ)に営業拠点開設(1月25日)
安川電機 本社工場増設で産業用ロボット生産キャパ5割増に(1月25日)
メガチップス 任天堂DS向けに拡大期待強いが、実勢には温度差(1月24日)
双信電機 トラブル乗り越え、回復進む(1月24日)
田淵電機 海外生産体制再編で最終損失さらに拡大へ(1月24日)
エルピーダメモリ 既報の通りやはり通期予想も欠損に見直し(1月24日)
高千穂交易 セキュリティ機器堅調で大幅増益に(1月24日)
東洋機械金属 光ディスク専用機が不振(1月24日)
東芝 昨日既報のウェスチングハウス買収交渉を追認(1月24日)
オンキョー デジタルホームオーディオへの端境期で今期は欠損へ(1月23日)
日本電子 電気二重層キャパシタ立ち上げに向けて(1月23日)
福井コンピュータ 東証2部へ。業績も再度増額修正(1月23日)
日立製作所 大型サーバーで韓国市場に再参入(1月23日)
ソニー 米国でのブラウン管生産撤退へ(1月23日)
東芝 米国ウェスチングハウス買収報じられたが・・(1月23日)
田中化学研究所 三洋電機「エネループ」松下「オキシライド」向け躍進期待(1月20日)
船井電機  BRICs地域に販売参入(1月20日)
スミダコーポレーション ドイツフォクト社へのTOB過半握る(1月20日)
第一実業 BRICs地域での販売強化(1月20日)
ホソカワミクロン 低温作動の燃料電池用電極を開発(1月20日)
トッキ 納期ずれ込みあるが、ワンセグ開始が追い風となるか?(1月19日)
シコー技研 業績悪化だが韓国向けに活路を求める(1月19日)
オムロン バックライト事業の戦略。LED光源強化で倍増へ(1月19日)
ソニーエリクソン 四半期および05年度は過去最高(1月19日)
日立製作所、東芝、ルネサステクノロジ 次世代半導体で国内連合(1月19日)
日立ハイテクノロジーズ 今期業績堅調。検査システム事業では再編も(1月18日)
富士写真フイルム 光ファイバ事業に参入。まずはサーバー向け(1月18日)
昭和電工 キヤノンへの対応強化でプリンタ部品の生産地変更(1月18日)
昭和電線電纜 精密デバイス強化。3年後全体増収2割目指す(1月18日)
サンエー化研 液晶テレビ用保護フィルム増産前倒し(1月18日)
エルピーダメモリ 通期予想は下方修正必至。回復感と不透明感が交錯(1月17日)
NECエレクトロニクス デジタル放送向けのLSIを事業化目指す(1月17日)
原田工業 子会社統合で純益拡大、業績再修正もあるか? (1月17日)
富士写真フイルム フランスの医療機器事業を再編(1月17日)
綜研化学 狭山事業所内に研究棟建設(1月17日)
大日本化学 コンデンサなど受動部品内蔵のプリント基板開発(1月17日)
古野電気 海外建造需要活発、ETCなど産業機器も堅調(1月16日)
三洋電機 今度はカラオケ通信機器子会社を売却(1月16日)
富士通 1.8インチHDDに参入(1月16日)
クラレ 偏光フィルム材料を5割増産へ(1月16日)
アピックヤマダ 06年3月期は5期ぶり黒字確保確実(1月13日)
日本航空電子工業 第3四半期も受注は高水準を維持(1月13日)
日立電線 リードフレームなど材料の伸銅品増産(1月13日)
ニコン フィルムカメラ事業縮小、撤退は会社側一応否定だが(1月13日)
HOYA FTTH向け部材供給事業に参入(1月13日)
ソニー、東芝、IBM 次世代半導体開発で提携(1月13日)
フジプレアム 新工場建設。松下のPDP増産対応。液晶向けでは新展開? (1月12日)
オムロン 米国高速通信デバイスメーカーを買収(1月12日)
ファナック モータ増産を狙いに、本社内に新工場建設(1月12日)
富士通 三重にシステムLSI新工場(1月12日)
シャープ 液晶増産で亀山工場に追加投資(1月12日)
オークマ 3子会社を吸収合併(1月12日)
オンキョー インテルとの協業事業がようやく具体化、新展開へ(1月11日)
SUMCO 受注緩みなく上場初年度予想上回る。増産前倒しあるか(1月11日)
ヤマハ 米国設備音響機器事業を再編強化(1月11日)
松下電器産業 10日付続報。PDP新工場正式発表(1月11日)
日本油脂 薄型テレビ向け反射防止フィルム増産、液晶テレビにも(1月11日)
住友重機械工業 ハノイに射出成型機の現地法人(1月11日)
サンケン電気 CCFL需要ここにきて急増、キャパ拡大も追いつかない(1月10日)
アドテックス 経営不安表面化していたがバーテックスリンク支援下で再出発(1月10日)
次世代DVD ブルーレイ、HD陣営のそれぞれの動き活発(1月10日)
ソフマップ ビックカメラと資本・業務提携で経営立て直しへ(1月10日)
カナデン 中期計画に沿って体制も再編(1月10日)
松下電器産業 PDP新工場建設へ(1月10日)
キヤノン 大分にデジカメ用レンズ工場(1月10日)

2006年1月報道の主な非上場企業(法人向け会員サイトで掲載) 
釜屋電機(神奈川県大和市)、山菱電機(大阪市北区)、イーヤマ(長野県長野市)、ソニーイーエムシーエス(東京都品川区)、IPSアルファテクノロジ(千葉県茂原市)、日本メクトロン(東京都港区)、ディジインターナショナル(東京都渋谷区)、シキノハイテック(富山県魚津市)、旭化成ケミカルズ(東京都千代田区)、セイコーインスツル(千葉市美浜区)、FASSE(富山県高岡市)、山梨松下電工(山梨県南アルプス市)、大和無線電器(京都市右京区)、三星ダイヤモンド工業(大阪府吹田市)

このページのトップへ