購読料金
 (毎日更新)
法人向けサイト 月額 3,900円 (年払い、プラス年間1万円で週刊ジャーナルも郵送)
個人向けサイト 月額 2,500円 (6カ月 or 年払い、年間契約は1カ月分サービス)
 HOME企業動向 > 企業動向(2006年7月)
      
 <過去記事・2006年7月分> (詳細記事は会員サイト)
                                        ※非上場企業社名一覧は下欄 

サンタ軽金属工業(長野県上田市)   ※法人向けサイト(倒産情報)のみの情報
      
プリント配線板。7月31日民事再生法申請。会員向けメール速報、続報も(7月31日)
東立通信工業(横浜市中区)   ※法人向けサイト(倒産情報)のみの情報
      
電源。24日ついに事業閉鎖、自己破産へ。会員向けメール速報、続報も(7月24日)


アムスク 7月から受注上向きに。もともと下期上昇予想だったが・・(7月31日)
加賀電子 米国AMDと代理店契約。3年後100億目指す(7月31日)
三菱マテリアル 伸銅事業を再編。三菱伸銅をTOBで子会社化(7月31日)
新日鉱ホールディングス 日鉱金属電子材料カンパニーの中期経営計画引き上げ(7月31日)
日本電産コパル 受注好調。カメラシャッタ、液晶搬送ロボットでそれぞれ新工場(7月28日)
ローランドディー.ジー. 中型プリンタなど好調。欧州では販売体制再編も(7月28日)
電機大手の四半期業績(1) 好業績だがまだら模様。ソニー、三洋、NECは黒字回復(7月28日)
NEC、松下電器産業 既報携帯電話の開発統合で正式合意。新会社設立(7月28日)
NEOMAX 海外子会社体制を再編(7月28日)
テセック 受注急拡大。4〜6月期の利益は既に中間予想を上回る(7月27日)
北陸電気工業 中期計画は前倒しで実現見通し。「0402」本格参入へ(7月27日)
セイコーエプソン 四半期最終損だが回復進む。半導体子会社は売却視野に交渉中(7月27日)
松下電器産業 東芝と合弁のマレーシアブラウン管工場を閉鎖する(7月27日)
JFEホールディングス JFEスチールが太陽電池向けシリコン生産事業に参入(7月27日)
三菱製鋼 北米ばね会社を子会社化へ、国内では部品会社統合も(7月27日)
東京電波 受注は昨夏底打ち、増産投資も。週末には四半期業績発表だが・・(7月26日)
日本ビクター 回復の兆し。半面、製品在庫膨らみ生産調整懸念も(7月26日)
東芝 関連会社の社員が架空取引で逮捕。総額60億、実損10億(7月26日)
日本ゼオン 液晶用位相差フィルム増産で富山に新工場(7月26日)
台湾友達光電(AUO) 液晶パネル大手だが失速懸念。韓国勢に続き設備投資抑制へ(7月26日)
シャープ 第1四半期も快調。韓国台湾勢の苦戦尻目に液晶テレビ好調(7月26日)
オーエスジー 超硬工具のタンガロイ(川崎市)と資本・業務提携(7月26日)
富士通フロンテック 足元需要は停滞だが、下期からの韓国向け新札特需に期待(7月25日)
ピクセラ モバイル向けキャプチャボード事業本格化にからみ子会社増資(7月25日)
東洋電機製造 前5月期は端境期だったが、今期は2ケタ増収増益見込む(7月25日)
NTN フランスルノーからベアリング子会社を買収(7月25日)
ザインエレクトロニクス LSI価格競争激化が熾烈化。液晶テレビの在庫増懸念?(7月24日)
日立マクセル 携帯電話など向けのプラスチックレンズを大幅増産投資(7月24日)
NEC サーバの生産をNECコンピュータテクノに集約(7月24日)
東亜ディーケーケー 山形の生産子会社に新工場(7月24日)
ディスコ 四半期業績推移、受注動向と見通しも。投資も始まる(7月21日)
日立国際電気 半導体製造装置受注は活況維持、放送システム関連にも期待(7月21日)
大日本スクリーン製造 米アプライドと合弁のフォトレジスト塗布装置会社稼動(7月21日)
トーカロ 半導体製造装置向け溶射加工増強で新工場(7月21日)
アルバック 足元受注、前6月期業績見通し、九州での事故発生の影響など(7月20日)
平河ヒューテック 前期はFPCずれ込みなど減収誤算。タイ進出、中国統合も(7月20日)
キヤノンマーケティングジャパン 物流拠点を統廃合。東京、名古屋、仙台は閉鎖へ(7月20日)
アーク M&Aによる拡大戦略は当面継続見通し。ヘッドハンティングも(7月20日)
荏原実業 環境計測器事業を強化。オーストリア社と提携(7月20日)
リケンテクノス 米国に自動車市場向けコンパウンドの合弁会社設立(7月20日)
オイレス工業 計測機器と軸受けの生産子会社を完全子会社化(7月20日)
新電元工業 6月度は受注急増だったが、ピークアウト懸念も?(7月19日)
図研 主力CADソフト事業で自動車市場向け展開強める。M&Aも(7月19日)
松下電器産業 経費削減狙いに松下電工と部品・資材の共同購買を促進(7月19日)
大陽日酸 医療向け事業でM&A、新会社など展開相次ぐ(7月19日)
ノジマ 携帯電話の販売事業を子会社に統合(7月19日)
ローツェ 7世代向け液晶ガラス搬送機一括受注寄与、今期立ち上がり活況(7月18日)
新東工業 液晶・半導体製造装置向け大型セラミック部品を増産(7月18日)
米国デル カラーレーザプリンタを初めて市場投入。業務用市場参入(7月18日)
ラサ工業 300ミリウエハ再生でライン増強、200ミリの受注にも変化(7月14日)
富士電機ホールディングス HDD垂直磁気記録方式の量産ライン稼動(7月14日)
ソニー、サムスン電子 LCD合弁会社が8世代投資。サムスン四半期は減益(7月14日)
東芝 世界初の次世代HD−DVDレコーダ発売延期(7月14日)
三菱電線工業 三菱マテリアル引受で40億増資、ワイヤハーネスなど強化へ(7月14日)
NTN 自動車向け等速ジョイントで新工場(7月14日)
ユーエスシー メーカー機能が急拡大。10日には中山会長が急逝(7月13日)
ワコム 前期は活況。再上昇となるのは、新OS本格浸透時か(7月13日)
韓国LGフィリップスLCD 液晶パネル大手。業績悪化、投資手控えなど減速感(7月13日)
放電精密加工研究所 受注ずれ込み、下期からの一部製品減産見通しなど(7月13日)
ビックカメラ 8月10日ジャスダックに上場(7月13日)
オンキョー 足元業績停滞だが、3年後には新規事業での飛躍目指す(7月12日)
フジプレアム 太陽電池事業強化、自社ブランド製品投入で製販両面で動きも(7月12日)
三菱電機 電波方式の防犯システム。赤外線からの置き換え受注目指す(7月12日)
大日本スクリーン製造 45ナノ世代のウエハ洗浄新技術を開発(7月12日)
岡谷鋼機 ポーランドに液晶テレビ用プレス部品で生産進出(7月12日)
イノテック 経営不振克服し今期も再上昇。新規参入の自社製品も順調増(7月11日)
スミダコーポレーション 自動車向け強化、液晶モジュール参入。さらなるM&A案件も?(7月11日)
大日本印刷 コニカミノルタからの事業買収で小田原工場も(7月11日)
日立製作所 07年以降に記憶容量2〜3テラバイトのHDD(7月11日)
三菱商事 水電解水素発生装置の事業化に遅れ(7月11日)
加賀電子 今度は情報機器事業を育成強化へ。樫村に同事業譲渡し一体運営(7月10日)
HIOKI 1〜3月はロケットスタートとなったが・・(7月10日)
シグマ光機 06年5月期は前期比44%の経常増益に(7月10日)
荏原 医療機器事業に参入。10年後300億目指す(7月10日)
日本ライトン 中国でのEMSとパチンコ向けLEDが対照的立ち上がり(7月7日)
フォトニクス 6月期は5期ぶり黒字確保「間違いない」と。子会社も上場(7月7日)
三洋電機 選択と集中のなか強化事業の2次電池でも再編へ(7月7日)
日立化成工業 半導体研磨用CMPスラリーを5割増産。昨年に続く増産投資(7月7日)
東芝 フラッシュメモリの新工場報道あったが・・(7月7日)
シャープ 北米ワイヤレスPDA市場に参入(7月7日)
芝浦電子 サーミスタで新製品。将来の柱製品として期待(7月6日)
横河電機 プリント配線板を外部調達から内製化へ(7月6日)
豊田自動織機 イビデンと共同出資の子会社通じ、半導体パッケージの新工場(7月6日)
ジーエス・ユアサコーポレーション 次世代自動車向け電池市場に本格参入(7月6日)
松下電工 住宅用警報機事業を大幅強化(7月6日)
エンプラス プローブカード拡大だが、液晶は停滞か。ベトナム工場もまだ(7月5日)
船井電機 液晶テレビで米国に続き国内本格参入。ヤマダ電機と提携(7月5日)
キヤノン 既報のように業務用デジタル印刷機参入、トップシェア目指すと(7月5日)
三菱ケミカルHD 三菱化学がリチウムイオン2次電池向け高容量負極材開発(7月5日)
ユニダックス 携帯電話向けイメージセンサ堅調。菱洋エレクトロと提携も(7月4日)
村田製作所 受注上昇続く。携帯電話向けブルートゥース活況(7月4日)
カシオ計算機 デジカメの欧州市場強化でノルウェーに販社(7月4日)
大日本スクリーン製造 既報の新会社「SOKUDO」に絡み組織も再編(7月4日)
大陽日酸 米国工業ガス大手リンウェルドを買収(7月4日)
アムスク 前期は特殊要因だが、足元の回復感は? 自動車市場向け展開(7月3日)
オプトエレクトロニクス 上期は受注ずれ込みなど誤算だが、下期での寄与見通しは?(7月3日)
新日本製鉄 太陽電池用多結晶シリコン原料事業に参入(7月3日)
日本ガイシ 電力貯蔵用ナトリウム硫黄電池を倍増へ(7月3日)

2006年7月報道の主な非上場企業(法人向け会員サイトで掲載) 
MSK(東京都新宿区)、コダックデジタルプロダクトセンター(長野県茅野市)、サンタ軽金属工業(長野県上田市)、ノース(東京都豊島区)、パナソニック四国エレクトロニクス(愛媛県東温市)、ケンウッドティー・エム・アイ(東京都町田市)、昭栄エレクトロニクス(長野県上田市)、東芝松下ディスプレイテクノロジー(東京都港区)、ヘルツ(東京都八王子市)、東立通信工業(横浜市中区)、沖データ(東京都港区)、コスモ電子(三重県四日市市)、旭化成エレクトロニクス(東京都新宿区)、ナイテック・プレシジョン(石川県加賀市)、メルコ・ディスプレイ・テクノロジー(熊本県合志市)

このページのトップへ