購読料金
 (毎日更新)
法人向けサイト 月額 3,900円 (年払い、プラス年間1万円で週刊ジャーナルも郵送)
個人向けサイト 月額 2,500円 (6カ月 or 年払い、年間契約は1カ月分サービス)
 HOME企業動向 > 企業動向(2006年11月)
      
 <過去記事・2006年11月分> (詳細記事は会員サイト)
                                      非上場企業の当月報道社名は下欄 

 <法人向けサイトのみの情報から一部タイトル抜粋>

都留工業(東京都墨田区) 
      プリント配線板。経営難から事業閉鎖へ(11月30日)
信濃電気(東京都文京区) 
      ディスコが「ダイイチコンポーネンツ」として継承(11月28日)

オプトレックス(東京都荒川区) 
      新規参入の有機EL事業を再編、日本精機との提携事業(11月16日)

<企業動向情報からタイトル抜粋>
野田スクリーン プリント配線板市場まだらだが、高機能製品向けに活況(11月30日)
ミスミグループ本社 コネクタ受注堅調だが見通しは慎重。受注体制を再編(11月30日)
日本電産 M&A加速。シンガポールのHDD部品メーカー買収(11月30日)
三機工業 光ファイバ利用の検知システムを市場投入(11月30日)
マルマエ 半導体・液晶製造装置用金属部品。12月マザーズに新規上場(11月30日)
TOWA 業績V字回復だが受注はピークアウトか。3Q、4Q見通しも(11月29日)
東研 2次元バーコードなど新製品順調で利益率改善へ(11月29日)
SUMCO 総額600億の増資を正式発表。伊万里の2期工事に充当か(11月29日)
D&Mホールディングス フィリップスのカーオーディオ買収で自動車市場本格強化へ(11月29日)
日立化成工業 FPD用回路接続フィルム増産狙いに新工場(11月29日)
松下電器産業 タイにカーエレクトロニクス事業の統括会社(11月29日)
松下電工 帯広松下電工の技術棟完成。自動車用リレー増産(11月29日)
アイレックス 基板事業厳しいが、月次は黒字化近づく。経営改善徐々(11月28日)
妙徳 新規事業の液晶パネル搬送装置で初受注。9月中間は経常で5割増(11月28日)
旭硝子 高機能フッ素樹脂を倍増へ。電線被覆材など需要拡大(11月28日)
JSR 液晶材料事業強化狙いに台湾工場を増設(11月28日)
セーレン PDP向け電磁波シールドフィルム材で新素材製品開発(11月28日)
ユニデン 米国ウォルマート向けコードレスホン普及機が急失速(11月27日)
アーク メーカーサイドの開発投資には回復感も見えるとするが・・(11月27日)
東ソー ITOターゲット材で新素材の量産化目指す(11月27日)
北川工業 建設中の電磁波部品新工場は来春完成、その後再編も(11月27日)
ソニー デジカメ用CCDで不具合(11月27日)
アドテック 今期も欠損抜け出せないが、MCJとの提携効果、新規事業など徐々(11月24日)
富士フイルムホールディングス 液晶用フィルム増産投資相次ぐ。熊本に続き神奈川にも新工場(11月24日)
三洋電機 携帯電話事業再編など中期経営計画見直し(11月24日)
太陽インキ製造 半導体パッケージ用絶縁フィルム事業参入(11月24日)
日機装 ドイツの医療機器メーカーを買収(11月24日)
岡本硝子 PDP市場停滞のなか、リアプロ向けは逆に追い風だったが(11月22日)
鈴木 中国中山に進出、国内では自動車市場向けを強化へ(11月22日)
日本航空電子工業 中国に続き、フィリピンにも新工場。足元受注も堅調(11月22日)
JUKI 東京都多摩市に新本社ビル建設へ。業績も堅調(11月22日)
浜井産業 半導体・液晶市場向けラップ盤が急拡大(11月22日)
カルソニックカンセイ 国内生産体制を再編へ(11月22日)
パルステック工業 V字回復予想していたが、来期にずれ込み。次世代DVD進まず(11月21日)
日本インター 上期活況だが、PDP減速懸念のなかFREDにも不透明感(11月21日)
住友金属鉱山 デジカメ用など光学素子「NDフィルタ」市場に参入(11月21日)
イリソ電子工業 ベトナムに生産進出。業績も好調推移(11月21日)
KFE JAPAN ベトナムに駐在員事務所。20日新規上場(11月21日)
ソニー 非接触ICカード事業でフィリップス系半導体メーカーと提携(11月21日)
能美防災 筆頭株主のセコムが子会社化(11月21日)
日立化成工業 FPD用回路接続フィルム増産狙いに新工場(11月21日)
神鋼電機 ICタグ市場に参入。高速機開発だが、戦略的にタグ販売(11月17日)
YOZAN 今期最終損は107億にまで膨らむ見通し。WiMAXも進まず(11月17日)
大日本スクリーン製造 半導体とFPD向けの装置新工場が完成(11月17日)
デンソー 電子制御式ディーゼル燃料噴射装置でハンガリー増設(11月17日)
ミツバ 生産子会社の自動車電機工業を吸収合併(11月17日)
アルゼ 5号機市場で強気見通し。立ち上がり時期も早期とみる?(11月16日)
ジオマテック 液晶パネル厳しい。BRICs向け携帯電話伸びるが・・(11月16日)
倉元製作所 液晶パネルは受注増もみられるが、通期見通しは妥当か(11月16日)
シグマ光機 本社工場増設、光学素子部品増産へ(11月16日)
トッパン・フォームズ UHF帯無線ICタグ利用管理システム開発(11月16日)
パイオラックス 自動車市場向けバネの増産狙いに国内体制再編(11月16日)
ピクセラ 17日発表の決算はさらに下ブレか。今期は半導体事業強化(11月15日)
テセック 業績そのものは絶好調だが、受注にはむしろ一服感も(11月15日)
沖電気工業 韓国大手と提携、ATMで韓国強化、北米参入も。16日正式発表(11月15日)
アルバック 昨年事業買収した液晶滴下注入装置事業の新工場が完成(11月15日)
ダイトーエムイー 中期で売り上げ倍増目指すなか音声認識技術で業務提携も(11月15日)
DTS 受託ソフト開発の日本SEを買収(11月15日)
日本ケミコン コンデンサ需要は年内強含みか。製品展開などもヒヤリング(11月14日)
和井田製作所 シチズン時計と資本提携。ウエハ装置事業参入は進まず(11月14日)
ゼンテック・テクノロジー・ジャパン ブラジル家電大手とデジタルテレビで提携、南米市場参入(11月14日)
コネクトテクノロジーズ 通信機用半導体参入報じられたが、ミスリードも(11月14日)
GSユアサコーポレーション 新型リチウムイオン電池を開発(11月14日)
セキテクノトロン 5億円の特別損失計上で最終欠損に(11月14日)
日本金銭機械 パチスロ市場低迷の影響出るなか、貨幣処理機では海外展開強化(11月13日)
オーイズミ パチスロ本格参入ずれ込むが、年末需要織り込み新製品と強気(11月13日)
トクヤマ 多結晶シリコン需要好調、生産キャパも5割引き上げへ(11月13日)
ミヤチテクノス M&A寄与で業績躍進、中国新工場も(11月13日)
東洋電機 先に事業閉鎖した子会社で不正会計発覚、特別損失計上へ(11月13日)
シーケーディ 今期は過去最高益を上回る見通しだが、受注はピークアウトか(11月10日)
アビリット やはり業績予想をさらに下方修正。5号機のタイミングは?(11月10日)
平田機工 液晶、自動車市場向けロボット、装置。12月14日ジャスダック上場へ(11月10日)
三洋電機 フラッシュメモリ搭載の携帯ナビを国内メーカーで初めて投入(11月10日)
大日本スクリーン製造 新たな露光技術でカラーフィルタ製造装置市場に参入(11月10日)
プラズマテレビ 松下電器産業がさらにシェアアップへ(11月10日)
ニチコン コンデンサ市場拡大のなか、連結中間が減益にとどまった背景を探る(11月9日)
アピックヤマダ 右肩上がりなお続く。足元受注にも失速懸念まだないが(11月9日)
ACCESS モバイル向けのパッケージ投入。沖電気との提携具体化(11月9日)
タムラ製作所 圧電素子新工場。業績上方修正だが、一部特殊要因も(11月9日)
シャープ コンパクトデジカメで最高水準の1,200万画素CCD(11月9日)
フジタ ワイヤレス計測システムで米社と提携(11月9日)
メガチップス 任天堂のDSヒットが牽引、ワンセグも追い風だが、不透明感も(11月8日)
アズジェント SIP対応RTCスイッチ国内は徐々だが、中国は進まず(11月8日)
イソライト工業 不正会計で監理ポストへ。半導体向けセラミックファイバ活況(11月8日)
ソニー 非接触IC事業強化。フェリカ容量倍増で新たな用途展開も(11月8日)
本多通信工業 コネクタ市場活況のなか、逆に業績不振。その背景は?(11月7日)
タムロン 高精度化追い風にコンパクトデジカメ向け好調、1部上場へ(11月7日)
アルバック 生産調整続く韓国で工場建設、その背景と今期立ち上がりを探る(11月7日)
日立金属 NEOMAXをTOBで完全子会社化、吸収合併へ(11月7日)
シャープ 液晶増産の前倒し報道を会社側は否定(11月7日)
産業技術総合研究所 コバルトを含まないリチウムイオン電池材料を開発(11月7日)
リーダー電子 地デジ、次世代DVD、ワンセグ放送など追い風多い(11月6日)
新電元工業 受注は6月突出だが・・。感光ドラム事業からは予定通り撤退(11月6日)
日邦産業 RFID事業本格化目指し、汎用システム市場投入(11月6日)
新コスモス電機 N社などに続き消防法特需で業績大きく上ブレ(11月6日)
住友電気工業 ベトナムにFPC、FFCなどで生産進出(11月6日)
ダイトエレクトロン 4年後売上高倍増目指し、新規事業開拓やM&A模索(11月2日)
東芝機械 受注予測を上乗せ、ベトナムには新拠点(11月2日)
神鋼電機 ウエハ市場の拡大から搬送ロボットなど好調、新工場建設(11月2日)
船井電機 ポーランドで液晶テレビを生産、欧州販売も本格化目指す(11月2日)
三菱樹脂 携帯電話用フィルム、プリント配線板材料の新工場(11月2日)
出光興産 高機能樹脂材料を千葉工場で生産へ(11月2日)
日本電産トーソク 変速機用コントロールバルブをベトナムに全面シフト(11月2日)
長瀬産業 北九州に半導体実装開発センター開設(11月2日)
カシオマイクロニクス 液晶在庫調整の影響厳しく上期欠損だが、底打ち感も(11月1日)
コマツ電子金属 300ミリでは国内追加投資、台湾も立ち上がり。社名も変更へ(11月1日)
ジェイテック 需要旺盛とするが、上場初年度9月中間は欠損に(11月1日)
住友ベークライト 筒中プラスチック工業をTOBで完全子会社化へ(11月1日)
大日本印刷 45ナノの最先端フォトマスクラインを京都に設置(11月1日)
コマツ 日平トヤマの筆頭株主に。半導体向け工作機械事業強化(11月1日)

2006年11月報道の主な非上場企業(法人向け会員サイトで掲載) 
都留工業(東京都墨田区)、ピーシープリント(名古屋市昭和区)、サンタ軽金属工業(長野県上田市)、信濃電気(東京都文京区)、ファーストゲート(埼玉県戸田市)、細田貿易(大阪市北区)、加賀コンポーネント(東京都文京区)、セイコーインスツル(千葉市美浜区)、日本ポラロイド(東京都港区)、オプトレックス(東京都荒川区)、ソニーイーエムシーエス(東京都品川区)、沖データ(東京都港区)、アンデス電気(青森県八戸市)、イガリモールド(茨城県笠間市)、信濃電気(東京都文京区)、吉川化成(大阪市鶴見区)、サンゴバン(東京都千代田区)、加賀ハイテック(東京都千代田区)、Hitzハイテクノロジー(京都府舞鶴市)、タチバナ精機(大阪府東大阪市)

このページのトップへ