購読料金
 (毎日更新)
法人向けサイト 月額 3,900円 (年払い、プラス年間1万円で週刊ジャーナルも郵送)
個人向けサイト 月額 2,500円 (6カ月 or 年払い、年間契約は1カ月分サービス)
 HOME企業動向 > 企業動向(2006年12月)
      
 <過去記事・2006年12月分> (詳細記事は会員サイト)
                              ※は見本記事あり  非上場企業の当月報道社名は下欄 

 <法人向けサイトのみの情報から一部タイトル抜粋>

ITAヴィデオサービス(堺市堺区) 
      セキュリティシステム。12月26日に再生計画案認可(12月27日)
アルティマ(横浜市港北区) 
      電子部品商社。米インテロン社と代理店契約、電力線通信IC投入(12月21日)

千住金属工業(東京都足立区) 
      ハンダ、ハンダ付装置。微細球状ハンダで宮崎に新工場(12月12日)

<企業動向情報からタイトル抜粋>
インターアクション 受注低迷続く。10月に当サイトで予測したように下方修正へ。回復時期は?(12月27日)
エー・ディ・エム 新規事業のセンサ事業は順調に立ち上がり、今期3倍増目指す(12月27日)
三洋電機 リストラ次々と。今度は国内営業再編と中国青島閉鎖(12月27日)
ダイトーエムイー 中期計画で躍進目指すなか、今期も上方修正へ(12月27日)
アルコニックス マレーシアに進出。電機、自動車業界向け非鉄金属(12月27日)
倉敷機械 本社工場増設、工作機械の生産能力を1割強引き上げ(12月27日)
シライ電子工業 デジタル家電向け基板受注活況。国内外の増設工事も相次ぎ完成へ(12月26日)
マルマエ 半導体・液晶用金属部品。26日マザーズに高値上場。新工場も(12月26日)
三洋電機 早期退職に967人が応募、関連費用は110億円(12月26日)
シャープ 亀山第2工場増設を前倒し、北米にも液晶テレビ新工場(12月26日)
三菱重工業 ハイブリッドカー用カーエアコン市場に参入(12月26日)
大気社 不適正会計により半期報告書の提出遅延、山本社長が引責辞任(12月26日)
オプトエレクロトニクス 期待された期末受注がずれ込み、11月決算は大幅減益だが(12月25日)
三井造船 アニール装置のガソニックス買収。セキテクノトロンは契約解消へ(12月25日)
天昇電気工業 欧米に展開相次ぐ。既報ポーランドに続き、今後は米国にも(12月25日)
三菱マテリアル 需要拡大する多結晶シリコン事業強化狙いに子会社統合(12月25日)
住友電気工業 産業機械用ブレーキ事業から撤退(12月25日)
オハラ デジカメ用レンズで競争激化懸念。前期活況だが、見通し慎重(12月22日)
高丘製作所 フォトマスク欠陥装置で液晶へ展開。制御装置では工場再編も(12月22日)
MCJ 昨夏提携のアロシステムを子会社化、売上規模倍増に迫る(12月22日)
浜松ホトニクス 本社新棟に続き、常光製作所新棟も完成。年明け稼働、集約へ(12月22日)
森精機製作所 金型事業に参入、高精度品対象にまずは年間10億(12月22日)
三菱樹脂 高性能透明蒸着フィルムを開発(12月22日)
ユー・エム・シー・ジャパン 12月期も欠損見通しだが改善進む。4Qはやや減収か(12月21日)
ペンタックス HOYAと合併へ。デジカメ事業概要も。一眼レフ倍増、イタリアへも(12月21日)
プラザー工業 インド市場の掘り起こし狙いに現地法人を設立(12月21日)
長瀬産業 ドイツ子会社を通じてマレーシアに半導体製造装置生産拠点(12月21日)
ミヤチテクノス 先に買収したセイワ製作所を吸収合併へ(12月21日)
NEC 自動車用電池事業で日産自動車と提携か(12月21日)
岡本硝子 プロジェクタ用ガラス偏光子開発。業界初。樹脂フィルム代替狙う(12月20日)
三洋電機 島根三洋に太陽電池の新工場、グループキャパ2年で倍増へ(12月20日)
VSN 技術系人材サービス。20日新規上場、会長は関口房朗氏(12月20日)
ヒップ アウトソーシング請負、20日新規上場(12月20日)
新日本石油 液晶ポリマー事業を本格強化へ(12月20日)
コーセル ※  電源活況だが、足元受注には変化も。新規事業の立ち上がりは?(12月19日)
長野日本無線 ACアダプタに不具合あるが影響は軽微か。日清紡との連携はまだ(12月19日)
シスメックス マザーズ上場のシステム子会社シーエヌエーを完全子会社化(12月19日)
シャープ 青色レーザ市場に参入。内製のほか外販も(12月19日)
ニコン ステッパのキャパを引き上げ(12月19日)
アイ・オー・データ機器 前6月期に続き今期も欠損見通し。回復は来期からか(12月18日)
日本電産コパル 液晶装置での工場稼働に続き、カメラシャッタでタイに新工場(12月18日)
千代田インテグレ 欧州市場開拓へ。スロバキアに欧州で初めての現地法人(12月18日)
松下電器産業 大手不具合相次ぐリチウムイオン電池で発熱防ぐ製法開発(12月18日)
日立製作所 オーストラリアで鉄道用モータ・インバータ大型受注(12月18日)
巴川製紙所 福井のFPD用光学フィルム工場が完成、稼働へ(12月18日)
グラフテック  ドッドウエル ビー・エム・エスと経営統合へ(12月15日)
豊田合成 LED事業伸び悩み。自動車向け高分子材料加工では新工場相次ぐ(12月15日)
インターニックス 足元受注堅調。LED事業強化狙いに、白色新製品投入(12月15日)
昭和電工 シンガポールのHDD工場稼働へ。既報のようにLEDも強化(12月15日)
日本科学冶金 高残留磁束密度の等方性磁石を開発(12月15日)
ヤマハ発動機 電子部品実装機、ロボット5割増産。国内外で投資拡大(12月15日)
シークス LED事業に本格参入。EMSは欧州で誤算あったが・・(12月14日)
平和 パチンコ機伸び悩み。パチスロ機新基準機は年明けからか(12月14日)
出光興産 有機EL次世代材料で米国UDCと提携(12月14日)
アイシン精機 本社隣接地に生産技術センターを建設(12月14日)
丸文 躍進続く。携帯電話、次世代ゲーム機向けなど。特殊要因も(12月13日)
キヤノン電子 四半期ベースの最高更新続くなか、イーシステムの買収も(12月13日)
日立製作所 メタノール型燃料電池を市場投入(12月13日)
日立金属 NEOMAXへのTOB終える。合併へ細部を調整(12月13日)
フジクラ HDD用キャリッジ増産でタイ増強、2年後ほぼ倍増目指す(12月13日)
メガチップス 任天堂向け半導体牽引。DSソフトのほか、注目のWii向けは?(12月12日)
セガサミーホールディングス パチスロ5号機市場の見通し。根強く4号機需要あったが(12月12日)
クラリオン 既定方針通りザナヴィを日立から譲受、年間400億円の増収寄与(12月12日)
古河電気工業 FPC向け銅はく増産、コネクタ用銅条に続き電子材料強化(12月12日)
シャープ 次世代不揮発メモリ「RRAM」の基礎技術を開発(12月12日)
富士通 ドイツのシステム大手、TDSの買収で基本合意(12月12日)
ミライアル M&Aで自動車市場にも参入、ウエハ市場活況で業績も上含み(12月11日)
三井ハイテック ICリードフレーム受注が活況(12月11日)
トクヤマ 多結晶シリコン増産で徳山製造所増設を正式決定(12月11日)
佐鳥電機 拡大目指す車載用半導体好調、セキュリティ市場にも期待(12月8日)
富士電機ホールディングス 太陽電池の熊本工場完成、来年年初から同事業に本格参入(12月8日)
三洋電機 ソニーに続きリチウム電池に不具合。再建には痛手(12月8日)
ハリマ化成 鉛フリー対応で欧州に電子材料拠点を計画中(12月8日)
ソニー 次世代ディスプレーFEDで新会社(12月8日)
日立製作所 薄型テレビの物流体制を再編(12月8日)
アオイ電子 期待された新規事業が来期以降にずれ込み。全体は堅調だが(12月7日)
エルピーダメモリ 台湾新工場を正式発表。DRAMキャパは一気に3倍増(12月7日)
ホーチキ サーミスタに代わり、セラミックス素子使用の感知器を初投入(12月7日)
日本セラミック 車載空調制御用の赤外線センサ開発。非接触自動車向け初(12月7日)
東京応化工業 太陽電池材料分野に参入。半導体材料と並ぶ柱事業目指す(12月7日)
中央発條 愛知に自動車用スタビライザーの生産工場(12月7日)
日本光電工業 AEDが躍進、今期倍増へ。伴って業績予想も上ブレ続く(12月6日)
昭和電工 LED事業を本格強化。HDDと並ぶ柱事業にまで育成の構え(12月6日)
東ソー 液晶パネル新素材開発に続き、半導体製造装置用部材増産(12月6日)
東芝 1.8インチ100ギガHDDを開発(12月6日)
東芝セラミックス MBOが成立、上場廃止へ(12月6日)
三菱マテリアル プリント基板メッキ用銅ボールの生産能力を倍増(12月6日)
京写 片面板市場縮小のなか、逆に同品主力で4期ぶり黒字確保へ(12月5日)
日本セラテック 液晶市場の在庫調整影響あるが、それでも今期は5割増(12月5日)
安川電機 福岡にインバータ工場。グループ生産能力倍増へ(12月5日)
三菱重工業 次世代CVD成膜装置の事業化目指し事業移管(12月5日)
タキロン 昭和電工から半導体製造装置向けプレート製品事業を買収(12月5日)
三洋化成工業 半導体エッチング洗浄剤で米社と提携(12月5日)
ローツェ 8世代LCD搬送装置を初受注。韓国液晶の在庫調整影響は?(12月4日)
MCJ プロサイド子会社化中止だが、関係は継続。再構築中か(12月4日)
NECエレクトロニクス 自動車市場向け半導体事業を強化、国内外で増産投資(12月4日)
クラリオン 自動車市場向け依然伸びを欠く。日立子会社となるが上場は維持へ(12月4日)
凸版印刷 需要拡大するICカードで国内外で増産投資続く(12月4日)
ホンダ 太陽電池の新会社を設立(12月4日)
NEC 豪州子会社を統合(12月4日)
精工技研 DVD端境期、M&A寄与で急増の光部品は生産体制再編へ(12月1日)
原田工業 米国競合メーカー倒産で子会社に特需寄与発生(12月1日)
ダイヘン 神戸にアーク溶接ロボットの新工場、統合も(12月1日)
エア・ウォーター ファインケミカル事業を倍強増に(12月1日)
インターアクション 受注低迷続く。10月に当サイトで予測したように下方修正へ。回復時期は?(12月27日)
エー・ディ・エム 新規事業のセンサ事業は順調に立ち上がり、今期3倍増目指す(12月27日)
三洋電機 リストラ次々と。今度は国内営業再編と中国青島閉鎖(12月27日)
ダイトーエムイー 中期計画で躍進目指すなか、今期も上方修正へ(12月27日)
アルコニックス マレーシアに進出。電機、自動車業界向け非鉄金属(12月27日)
倉敷機械 本社工場増設、工作機械の生産能力を1割強引き上げ(12月27日)
シライ電子工業 デジタル家電向け基板受注活況。国内外の増設工事も相次ぎ完成へ(12月26日)
マルマエ 半導体・液晶用金属部品。26日マザーズに高値上場。新工場も(12月26日)
三洋電機 早期退職に967人が応募、関連費用は110億円(12月26日)
シャープ 亀山第2工場増設を前倒し、北米にも液晶テレビ新工場(12月26日)
三菱重工業 ハイブリッドカー用カーエアコン市場に参入(12月26日)
大気社 不適正会計により半期報告書の提出遅延、山本社長が引責辞任(12月26日)
オプトエレクロトニクス 期待された期末受注がずれ込み、11月決算は大幅減益だが(12月25日)
三井造船 アニール装置のガソニックス買収。セキテクノトロンは契約解消へ(12月25日)
天昇電気工業 欧米に展開相次ぐ。既報ポーランドに続き、今後は米国にも(12月25日)
三菱マテリアル 需要拡大する多結晶シリコン事業強化狙いに子会社統合(12月25日)
住友電気工業 産業機械用ブレーキ事業から撤退(12月25日)
オハラ デジカメ用レンズで競争激化懸念。前期活況だが、見通し慎重(12月22日)
高丘製作所 フォトマスク欠陥装置で液晶へ展開。制御装置では工場再編も(12月22日)
MCJ 昨夏提携のアロシステムを子会社化、売上規模倍増に迫る(12月22日)
浜松ホトニクス 本社新棟に続き、常光製作所新棟も完成。年明け稼働、集約へ(12月22日)
森精機製作所 金型事業に参入、高精度品対象にまずは年間10億(12月22日)
三菱樹脂 高性能透明蒸着フィルムを開発(12月22日)
ユー・エム・シー・ジャパン 12月期も欠損見通しだが改善進む。4Qはやや減収か(12月21日)
ペンタックス HOYAと合併へ。デジカメ事業概要も。一眼レフ倍増、イタリアへも(12月21日)
プラザー工業 インド市場の掘り起こし狙いに現地法人を設立(12月21日)
長瀬産業 ドイツ子会社を通じてマレーシアに半導体製造装置生産拠点(12月21日)
ミヤチテクノス 先に買収したセイワ製作所を吸収合併へ(12月21日)
NEC 自動車用電池事業で日産自動車と提携か(12月21日)
岡本硝子 プロジェクタ用ガラス偏光子開発。業界初。樹脂フィルム代替狙う(12月20日)
三洋電機 島根三洋に太陽電池の新工場、グループキャパ2年で倍増へ(12月20日)
VSN 技術系人材サービス。20日新規上場、会長は関口房朗氏(12月20日)
ヒップ アウトソーシング請負、20日新規上場(12月20日)
新日本石油 液晶ポリマー事業を本格強化へ(12月20日)
コーセル 電源活況だが、足元受注には変化も。新規事業の立ち上がりは?(12月19日)
長野日本無線 ACアダプタに不具合あるが影響は軽微か。日清紡との連携はまだ(12月19日)
シスメックス マザーズ上場のシステム子会社シーエヌエーを完全子会社化(12月19日)
シャープ 青色レーザ市場に参入。内製のほか外販も(12月19日)
ニコン ステッパのキャパを引き上げ(12月19日)
アイ・オー・データ機器 前6月期に続き今期も欠損見通し。回復は来期からか(12月18日)
日本電産コパル 液晶装置での工場稼働に続き、カメラシャッタでタイに新工場(12月18日)
千代田インテグレ 欧州市場開拓へ。スロバキアに欧州で初めての現地法人(12月18日)
松下電器産業 大手不具合相次ぐリチウムイオン電池で発熱防ぐ製法開発(12月18日)
日立製作所 オーストラリアで鉄道用モータ・インバータ大型受注(12月18日)
巴川製紙所 福井のFPD用光学フィルム工場が完成、稼働へ(12月18日)
グラフテック  ドッドウエル ビー・エム・エスと経営統合へ(12月15日)
豊田合成 LED事業伸び悩み。自動車向け高分子材料加工では新工場相次ぐ(12月15日)
インターニックス 足元受注堅調。LED事業強化狙いに、白色新製品投入(12月15日)
昭和電工 シンガポールのHDD工場稼働へ。既報のようにLEDも強化(12月15日)
日本科学冶金 高残留磁束密度の等方性磁石を開発(12月15日)
ヤマハ発動機 電子部品実装機、ロボット5割増産。国内外で投資拡大(12月15日)
シークス LED事業に本格参入。EMSは欧州で誤算あったが・・(12月14日)
平和 パチンコ機伸び悩み。パチスロ機新基準機は年明けからか(12月14日)
出光興産 有機EL次世代材料で米国UDCと提携(12月14日)
アイシン精機 本社隣接地に生産技術センターを建設(12月14日)
丸文 躍進続く。携帯電話、次世代ゲーム機向けなど。特殊要因も(12月13日)
キヤノン電子 四半期ベースの最高更新続くなか、イーシステムの買収も(12月13日)
日立製作所 メタノール型燃料電池を市場投入(12月13日)
日立金属 NEOMAXへのTOB終える。合併へ細部を調整(12月13日)
フジクラ HDD用キャリッジ増産でタイ増強、2年後ほぼ倍増目指す(12月13日)
メガチップス 任天堂向け半導体牽引。DSソフトのほか、注目のWii向けは?(12月12日)
セガサミーホールディングス パチスロ5号機市場の見通し。根強く4号機需要あったが(12月12日)
クラリオン 既定方針通りザナヴィを日立から譲受、年間400億円の増収寄与(12月12日)
古河電気工業 FPC向け銅はく増産、コネクタ用銅条に続き電子材料強化(12月12日)
シャープ 次世代不揮発メモリ「RRAM」の基礎技術を開発(12月12日)
富士通 ドイツのシステム大手、TDSの買収で基本合意(12月12日)
ミライアル M&Aで自動車市場にも参入、ウエハ市場活況で業績も上含み(12月11日)
三井ハイテック ICリードフレーム受注が活況(12月11日)
トクヤマ 多結晶シリコン増産で徳山製造所増設を正式決定(12月11日)
佐鳥電機 拡大目指す車載用半導体好調、セキュリティ市場にも期待(12月8日)
富士電機ホールディングス 太陽電池の熊本工場完成、来年年初から同事業に本格参入(12月8日)
三洋電機 ソニーに続きリチウム電池に不具合。再建には痛手(12月8日)
ハリマ化成 鉛フリー対応で欧州に電子材料拠点を計画中(12月8日)
ソニー 次世代ディスプレーFEDで新会社(12月8日)
日立製作所 薄型テレビの物流体制を再編(12月8日)
アオイ電子 期待された新規事業が来期以降にずれ込み。全体は堅調だが(12月7日)
エルピーダメモリ 台湾新工場を正式発表。DRAMキャパは一気に3倍増(12月7日)
ホーチキ サーミスタに代わり、セラミックス素子使用の感知器を初投入(12月7日)
日本セラミック 車載空調制御用の赤外線センサ開発。非接触自動車向け初(12月7日)
東京応化工業 太陽電池材料分野に参入。半導体材料と並ぶ柱事業目指す(12月7日)
中央発條 愛知に自動車用スタビライザーの生産工場(12月7日)
日本光電工業 AEDが躍進、今期倍増へ。伴って業績予想も上ブレ続く(12月6日)
昭和電工 LED事業を本格強化。HDDと並ぶ柱事業にまで育成の構え(12月6日)
東ソー 液晶パネル新素材開発に続き、半導体製造装置用部材増産(12月6日)
東芝 1.8インチ100ギガHDDを開発(12月6日)
東芝セラミックス MBOが成立、上場廃止へ(12月6日)
三菱マテリアル プリント基板メッキ用銅ボールの生産能力を倍増(12月6日)
京写 片面板市場縮小のなか、逆に同品主力で4期ぶり黒字確保へ(12月5日)
日本セラテック 液晶市場の在庫調整影響あるが、それでも今期は5割増(12月5日)
安川電機 福岡にインバータ工場。グループ生産能力倍増へ(12月5日)
三菱重工業 次世代CVD成膜装置の事業化目指し事業移管(12月5日)
タキロン 昭和電工から半導体製造装置向けプレート製品事業を買収(12月5日)
三洋化成工業 半導体エッチング洗浄剤で米社と提携(12月5日)
ローツェ 8世代LCD搬送装置を初受注。韓国液晶の在庫調整影響は?(12月4日)
MCJ プロサイド子会社化中止だが、関係は継続。再構築中か(12月4日)
NECエレクトロニクス 自動車市場向け半導体事業を強化、国内外で増産投資(12月4日)
クラリオン 自動車市場向け依然伸びを欠く。日立子会社となるが上場は維持へ(12月4日)
凸版印刷 需要拡大するICカードで国内外で増産投資続く(12月4日)
ホンダ 太陽電池の新会社を設立(12月4日)
NEC 豪州子会社を統合(12月4日)
精工技研 DVD端境期、M&A寄与で急増の光部品は生産体制再編へ(12月1日)
原田工業 米国競合メーカー倒産で子会社に特需寄与発生(12月1日)
ダイヘン 神戸にアーク溶接ロボットの新工場、統合も(12月1日)
エア・ウォーター ファインケミカル事業を倍強増に(12月1日)

2006年12月報道の主な非上場企業(法人向け会員サイトで掲載) 
アイ・テイ・エイ・ヴィデオ・サービス(堺市堺区)、旭化成エレクトロニクス(東京都新宿区)、後藤製作所(東京都千代田区)、アルティマ(横浜市港北区)、双葉電気(さいたま市中央区)、富士通日立プラズマディスプレイ(宮崎県国富町)、広瀬製紙(高知県土佐市)、ルネサステクノロジ(東京都千代田区)、コビシ電機(埼玉県鴻巣市)、隆祥産業(大阪市中央区)、新潟精密(東京都港区)、三洋エプソンイメージングデバイス(東京都港区)、千住金属工業(東京都足立区)、日本メクトロン(東京都港区)、ニッコーシ(東京都中央区)、ウインズ(山梨県韮崎市)、TDM(東京都大田区)、ムネカタ(福島県福島市)、ルネサステクノロジ(東京都千代田区)、パナソニックエレクトロニックデバイス(大阪府門真市)、東京エレクトロン九州(佐賀県鳥栖市)、日本ポリテック(東京都八王子市)、東芝松下ディスプレイテクノロジー(東京都港区)

このページのトップへ