購読料金
 (毎日更新)
法人向けサイト 月額 3,900円 (年払い、プラス年間1万円で週刊ジャーナルも郵送)
個人向けサイト 月額 2,500円 (6カ月 or 年払い、年間契約は1カ月分サービス)
 HOME企業動向 > 企業動向(2007年1月)
      
 <過去記事・2007年1月分> (詳細記事は会員サイト)
                                      非上場企業の当月報道社名は下欄 

 <法人向けサイトのみの情報から一部タイトル抜粋>

日本リバテック(東京都渋谷区) 
      1月27日付事業閉鎖。CCTV、パソコンなど販売(1月26日)

鹿島エレクトロ産業(群馬県吉岡町) 
      EMS。実装から組み立てまで。上海工場稼働で規模倍増へ(1月24日)

サンタ軽金属工業(長野県上田市) 
      民事再生法で再出発目指すなか、元グループ会社が再生計画案認可(1月24日)

エー・エム・テクノロジー(奈良県奈良市) 
      昨年12月倒産。債権者名簿に液晶関連メーカーの名も(1月19日)


<企業動向情報からタイトル抜粋>
ケル パチスロ、カーAV向け伸びる。今期は上方修正予想をさらに上ブレか(1月31日)
ナカヨ通信機 IP電話や新規事業への展開進まず、停滞長引く(1月31日)
山水電気 業績悪化で欠損連期。白物家電参入も寄与はこれから(1月31日)
日本カタン 住友商事がTOBで完全子会社化(1月31日)
アイダエンジニアリング 自動車、薄型テレビ向け需要好調、新工場建設(1月31日)
芝浦メカトロニクス 液晶パネル市場にはまだ調整感。通期見通しは? 新棟も(1月30日)
大崎電気工業 電力量計メーカー買収で来期から連結売上高は一気に4割増(1月30日)
村田製作所 デンマークのVBと提携、バイオセンサ事業参入(1月30日)
第一稀元素化学工業 電子材料向けファインセラミックの需要拡大続く(1月30日)
日本サーボ 販社統合で製販を一体運営へ(1月30日)
日商エレクトロニクス 強化進めるシステム事業で新たな買収。HDD不振だが、4Qに期待(1月29日)
三洋電機 再建の看板製品洗濯乾燥機でトラブル。リコール後の発火(1月29日)
東芝 NAND型フラッシュメモリ生産調整か。増産計画見直しへ(1月29日)
理想科学工業 高額製品が好調推移。インドにも販社設立(1月29日)
アイ・エム・アイ 医療機器事業の強化狙いに事業買収(1月29日)
新光商事 好調持続。今期予想は上ブレ必至で、来期もM&A寄与で続伸へ(1月26日)
NECエレクトロニクス 回復遅れており、在庫も膨らみ、半導体減産へ(1月26日)
エルピーダメモリ 10〜12月期過去最高だが不透明感も。台湾合弁会社概要(1月26日)
有沢製作所 フレキシブルプリント配線板材料など受注停滞。底打ちは?(1月26日)
サンエー化研 LCD用保護フィルムが液晶パネルの在庫調整から停滞(1月26日)
富士通コンポーネント リレー生産拠点のタイ子会社を閉鎖、再編(1月26日)
リコー 既報の米IBMからのデジタル印刷機事業買収正式発表(1月26日)
東京精密 主力の半導体製造装置受注は10月ボトムに底打ちへ(1月25日)
ニスカ 市場環境は逆風だが前12月期は予想上回る。開発体制再編(1月25日)
太陽誘電 大容量セラコンの需要増に対応して新潟に工場進出。群馬に続く(1月25日)
リコー 米国IBMからデジタル印刷機事業の買収が報じられたが・・(1月25日)
東芝 56ナノ、16ギガNANDフラッシュを出荷開始(1月25日)
ソニー バンダイナムコと半導体セル活用の新会社(1月25日)
IRIユビテック IXI行き詰まりで信用不安広がるが、実際の関係は希薄(1月24日)
太洋工業 液晶パネル検査装置市場に参入。FPC需要環境はまだら模様(1月24日)
富士通ゼネラル 北米で液晶テレビ市場に参入。プラズマと両立へ(1月24日)
シャープ ワンセグチューナ倍増へ。業界最小サイズ製品も投入(1月24日)
ADEKA 半導体エッチング液生産で韓国に新工場(1月24日)
三菱電機 産業機械事業の強化狙いに開発とサービス拠点を新設(1月24日)
菱洋エレクトロ 1月期は2度の業績上方修正だったが、IXIに焦げ付き(1月23日)
NECエレクトロニクス デジタル家電向けLSI強化の一環でトルコに開発センター(1月23日)
明光商会 IXIに焦げ付き。8億7,400万(1月23日)
ツバキ・ナカシマ 経営陣と従業員によるMEBOで上場廃止へ(1月23日)
東京カソード研究所 プローブカード受注は堅調だが、液晶関連には不透明感も(1月22日)
ローム 業界最小サイズのLEDを市場投入(1月22日)
ジャルコ 経営立て直し進まず、従業員の16%を希望退職で削減へ(1月22日)
カルソニックカンセイ 来年3月完成予定でさいたま市に新本社棟を建設(1月22日)
金商 三菱商事グループ再編の一環で事業譲受(1月22日)
グラフテック 4月から新体制となるなか、製品面でも市場展開図る(1月19日)
レイテックス 足元受注回復のなか、今度は光学技術のベンチャーを買収(1月19日)
オハラ 国内では新本社棟完成、海外ではマレーシア増強も進む(1月19日)
富士通ゼネラル 空調機事業を再編。本社内に空調技術新棟建設(1月19日)
東陽テクニカ 9月期の立ち上がりは利益面やや低調(1月19日)
立花エレテック 三洋向け携帯電話事業不振だが、活路も。海外拠点も新設(1月18日)
東芝テック 家電事業から撤退。流通、情報システム機器に集中(1月18日)
ミクロン精密 自動車メーカー向け受注堅調。中部サテライト開設(1月18日)
オリンパス 国産初の「カプセル内視鏡」を申請。CCD、LEDを内蔵(1月18日)
大同特殊鋼 米国特殊鋼・軸受け大手ティムケンと業務提携(1月18日)
日立化成工業 高密度配線板対応の新規銅表面処理技術を開発(1月18日)
三益半導体工業 ウエハ活況、足元受注もまだ強い。見通しもヒヤリング(1月17日)
三洋電機 滋賀工場内に太陽電池パネルの新工場を建設(1月17日)
信越化学工業 300ミリだけでなく200ミリもシリコンウエハ活況続く(1月17日)
大日本印刷 受動部品内蔵のプリント基板を開発、量産化目指す(1月17日)
フォトニクス 経営の抜本改革が奏功、改善へ。グループ会社の上場も相次ぐ(1月16日)
ローツェ 足元受注にも緩みなく、今期はさらに大幅増収増益へ(1月16日)
ミヤノ シチズン時計が黒田電気などから株式を買収、提携へ(1月16日)
松下電器産業 白物家電国内体制再編。三国と藤沢は閉鎖へ(1月16日)
日立金属 完全子会社化したNEOMAXを合併へ(1月16日)
インターアクション 半導体診断システムおよび同事業向け基板製造に参入(1月15日)
メルコホールディングス 「ビスタ」投入を前にした誤算はあるが、デジタルホーム戦略進展も(1月15日)
島津製作所 半導体製造装置向けターボ分子ポンプ増産で新工場(1月15日)
シャープ 液晶テレビと太陽電池でそれぞれに増産投資(1月15日)
三谷産業 ベトナム南部に続き北部にも樹脂成形品工場(1月15日)
キヤノン 年初既報の続報。テレビ参入で新展開。東芝との関係も見直し(1月12日)
三洋電機 三菱電機向け携帯電話用リチウムイオン電池に不具合(1月12日)
KFE JAPAN プリント配線板の国内量産品販売に本格参入(1月12日)
サン電子 パチンコ市場向け低迷だが、回復待ち、非中核事業切り離し(1月12日)
クラレ 液晶フィルム材料光学用ポバール増産(1月12日)
タツタ電線 子会社2社を統合(1月12日)
レイテックス 11月中間不振だが、受注はむしろ活況。流動的要素もあるが(1月11日)
タイテック 7割余を出資する子会社エルモ社がジャスダック上場(1月11日)
富士フイルムホールディングス デジカメ縮小再編の一方、メディカル事業領域では強化続く(1月11日)
松下電器産業 10日付続報。既報PDP新工場正式発表、新経営計画も(1月11日)
ニプロ タイのバンコクに医療機器の販売会社(1月11日)
村田製作所 クリスマス商戦順調、年初から新たな市場参入と体制再編も(1月10日)
日本セラテック MMC部品鈍いが、今期は5割増収目指す。米国に現法も(1月10日)
任天堂 今期3度目の業績上方修正、韓国にも本格展開へ(1月10日)
松下電器産業 プラズマパネルで新工場。10日経営戦略説明会で公表か(1月10日)
オルガノ 半導体市場向け超純粋供給で独自のビジネス展開(1月10日)
米国アップル社 携帯電話市場に参入を正式発表。複合機「iPhone」投入(1月10日)
協立電機 受注堅調推移。国内新工場稼働入り、海外展開も(1月9日)
日立製作所 HDD事業会社、HGSTが初めて3.5インチ1テラを実現(1月9日)
日清紡 電気二重層キャパシタ、燃料電池セパレータ本格化に向け再編(1月9日)
ソーテック 業績回復遅れるなか、トラブルも続く(1月5日)
新光商事 今期好調だが不透明要素も。1月15日に本社移転(1月5日)
ローム 300ミリウエハ内製化狙いに新工場を計画(1月5日)
キヤノン 薄型テレビ市場への参入に障害発生、打開策を検討中(1月5日)
シャープ ポーランドで液晶モジュール工場が稼働入り(1月5日)
チッソ 太陽光発電用ポリシリコンの新会社、08年量産化目指す(1月5日)
ホンダ 太陽電池事業への参入、始動へ(1月5日)
昭和シェル石油 宮崎の太陽光発電システム工場が稼働入り(1月5日)
三菱重工業 タンデム型太陽電池の増産計画を引き上げ(1月5日)
三井物産 ベトナムに全額出資子会社。総合商社で初めて(1月5日)

2007年1月報道の主な非上場企業(法人向け会員サイトで掲載) 
九州シンエイ電子(大分県中津市)、長州産業(山口県山陽小野田市)、NECビューテクノロジー(東京都港区)、日本リバテック(東京都渋谷区)、大分キヤノンマテリアル(大分県杵築市)、鹿島エレクトロ産業(群馬県吉岡町)、サンタ軽金属工業(長野県上田市)、ヒューブレイン(大阪府吹田市)、メモレックス・テレックス(東京都港区)、エー・エム・テクノロジー(奈良県奈良市)、住田光学ガラス(さいたま市浦和区)、ソニーマニュファクチュアリングシステムズ(埼玉県久喜市)、バイオス(東京都渋谷区)、アドテックス(東京都港区)、藤商事(大阪市中央区)、リガク(東京都昭島市)、東レエンジニアリング(東京都中央区)

このページのトップへ