購読料金
 (毎日更新)
法人向けサイト 月額 3,900円 (年払い、プラス年間1万円で週刊ジャーナルも郵送)
個人向けサイト 月額 2,500円 (6カ月 or 年払い、年間契約は1カ月分サービス)
 HOME企業動向 > 企業動向(2007年3月)
      
 <過去記事・2007年3月分> (詳細記事は会員サイト)
                             ※は見本記事あり  非上場企業の当月報道社名は下欄 

 <法人向けサイトのみの情報から一部タイトル抜粋>

五興電機(東京都品川区) ※ 
      DCソレノイド。生産子会社が2回目不渡りだが、自身は業務継続(3月29日)

アイケン工業(高知県高知市) 
      昨年11月に破産した空気清浄機メーカー。一般債権わずか(3月27日)

新藤電子工業(東京都千代田区) 
      液晶駆動用TABテープ。業績安定的だが今期は大幅減収に陥る(3月8日)


<企業動向情報からタイトル抜粋>
アルゼ GSから資本受け入れ。5号機遅れ、再編加速か(3月30日)
グローリー カミンズとの和解、イリノイでも。たばこ自販機更新寄与は?(3月30日)
日本板硝子 PDP市場参入を断念、撤退へ(3月30日)
三洋電機 再編続き緊張感高まるが、欧州で子会社を閉鎖(3月30日)
松下電器産業 松下東芝映像ディスプレイを完全子会社化(3月30日)
ソディック 販売子会社新設して販売体制を再編(3月30日)
新光電気工業 フリップチップパッケージがパソコン、次世代ゲーム機向けに急増 (3月29日)
スター精密 小型プリンタと工作機械が好調。工作機械では新工場も建設(3月29日)
パイオニア BRICs投資相次ぐ。ブラジルでカーオーディオ増産、現地向け(3月29日)
三菱電線工業 リチウムイオン電池事業から撤退。電線事業でも再編(3月29日)
愛知電機 大型変圧器事業堅調。TOTOとの合弁は解消(3月29日)
大日本印刷 有機ELパネル商品化。コニカミノルタの照明参入に続く動き(3月29日)
アイ・オー・データ機器 PLC対応機器が目標の倍に。しかし周辺機器は依然不振(3月28日)
日本電子 今期は過去最高業績の見通し。新棟建設の一方、子会社も統合(3月28日)
京セラ 鹿児島にセラミックコンデンサの新工場。村田、TDKに続く(3月28日)
三洋電機 社長退任決まる、5時から大阪で正式会見(3月28日)
小糸製作所 業界で初めて白色LED搭載の自動車ヘッドランプ開発(3月28日)
ユーシン精機 本社第6工場完成、ロボットキャパ5割増(3月28日)
オーナンバ ベトナムに生産進出(3月28日)
アルゼ 新販売体制構築でさらに誤算。5号機停滞もまだ続く(3月27日)
モリテックス 事業撤退により大幅損失となるなか、IDECと資本提携(3月27日)
コニカミノルタホールディングス 有機EL照明市場に参入。GEと提携(3月27日)
日本電産 買収したシンガポール上場HDD用部品会社を完全子会社化(3月27日)
シーアイ化成 LED照明市場に参入。チップは購入、モジュール化(3月27日)
ヒューネット 独自技術で展開していた液晶事業からついに撤退(3月27日)
ナナオ パチンコ機向けモニタなど活況。能登半島地震の影響は軽微(3月26日)
黒田電気 フィリピン生産子会社を閉鎖。バックライト事業を中国に集約(3月26日)
シチズン時計 CMOSモジュール撤退など電子デバイス事業見直しへ(3月26日)
日本触媒 液晶用光学フィルム樹脂倍増強化へ(3月26日)
エルミック・ウェスコム 今期は3期ぶり最終黒字確保か。シーイーシーと資本業務提携(3月23日)
エクセル ゼンテック・テクノロジー・ジャパンを提訴(3月23日)
D&Mホールディングス マッキントッシュ製品の販社設立。エレクトリとの契約切れで(3月23日)
TDK 動き相次ぐなか、今度はセラコンで秋田に新工場(3月23日)
森尾電機 半導体製造装置事業から撤退(3月23日)
明光商会 業績悪化を背景に、経営陣によるTOBで上場廃止へ(3月23日)
NECトーキン リチウムイオン電池でトラブル。特損28億で今期最終欠損に(3月22日)
ブイ・テクノロジー 主力事業でタカノと提携交渉に続き、新規事業では日本精工と提携(3月22日)
村田製作所 22日に岡山村田新工場完成式。携帯電話用コンデンサ増産(3月22日)
大日光・エンジニアリング EMS主体。22日付でジャスダックに新規上場(3月22日)
日特エンジニアリング 米国子会社再編、欧州では独のメーカーと提携(3月22日)
リョービ メキシコにダイカストの製造子会社(3月22日)
日立製作所 HDD事業再編を固める(3月22日)
エー・ディ・エム ゲーム機向けセンサ堅調で、中間期は予想上ブレか(3月20日)
アルゼ パチスロ事業再編。5号機市場での復活にらみ体制再構築(3月20日)
ジオマテック 不振はさらに長期化。製品展開の一方、1割余の人員削減も(3月20日)
日本電気硝子 液晶ガラスの増産報道あるが、ややニュアンスに温度差も(3月20日)
コニカミノルタホールディングス オプト事業の研究開発棟新設、機能を集約(3月20日)
ミクニ 業界で初めて燃料電池システム用の水素センサを開発(3月20日)
森精機製作所 三井物産と共同で、米国会社買収、ロシアには販社(3月20日)
住友電気工業 大阪製作所内に新研究棟を建設、開発機能統合へ(3月20日)
シライ電子工業 中間期まで好調だったが、採算が急速に低下。業界他社も?(3月19日)
セキテクノトロン 半導体・FPD製造装置事業から撤退(3月19日)
ローランド 子会社を減増資して債務超過解消、社名も変更(3月19日)
NEC 医療機関向けシステムのシーエスアイ筆頭株主に(3月19日)
トプコン 測量機競合先のソキアを子会社化(3月16日)
本多通信工業 依然として低調、回復は来期以降。台湾に事務所新設(3月16日)
テクニカル電子 精密プレス部品の子会社EPEがタイに工場増設など再編(3月16日)
寺崎電気産業 3月16日付でジャスダックに新規上場(3月16日)
オーエム製作所 環境機器事業に参入。工作機械などに次ぐ柱事業化へ(3月16日)
平和 パチンコ機にはヒットなく、パチスロ機では新基準機の遅れ響く(3月15日)
アルプス電気 TDKとHDD用ヘッド事業譲渡で基本合意。東光とも提携(3月15日)
昭和電工 インドネシアに電子材料のケミカル用アルミナ工場建設準備(3月15日)
三洋電機 半導体子会社売却へ。一方ゴルフ場子会社は倒産(3月15日)
ミマキエンジニアリング 3月15日付でジャスダックに新規上場(3月15日)
シャープ 青紫色半導体レーザを量産化(3月15日)
トクヤマ DOWAと窒化アルミニウム白板の新会社(3月15日)
セイコーエプソン 独自パネル規格のMD−TFDから撤退。全体業績も欠損へ(3月14日)
日本フェンオール 法改正の追い風もあり、06年12月期は過去最高益に(3月14日)
日本電計 北陸地区の拡販狙いに、風間電機興業(新潟)を買収(3月14日)
ネクストジェン 日商エレクトロニクス子会社。14日付ヘラクレス上場(3月14日)
富士通 タイ工場で2.5インチHDDを3倍増に(3月14日)
立花エレテック 携帯電話の受託生産は終息見通し。一方国内外で相次ぎ拠点開設(3月13日)
都築電産 富士電機システムズの特約店を完全傘下に(3月13日)
アルプス電気 磁気センサ事業に参入。HDDヘッドに次ぐ柱事業化目指す(3月13日)
オリンパス 医療機器部門の新事業場が完成、4月稼働へ(3月13日)
日本電産 日本サーボをTOBで子会社化(3月13日)
住友ベークライト 完全子会社化した筒中プラスチックを予定通り吸収合併へ(3月13日)
菱洋エレクトロ 今度は一転して業績予想を下方修正。IXI絡みが背景だが・・(3月12日)
シーフォーテクノロジー 今期は最終損失さらに膨らみ、ついに単独では債務超過に(3月12日)
ユニデン 業績停滞のなかフィリピン工場閉鎖。再び中国に生産集約(3月12日)
高見沢サイバネティックス IDECと資本・業務提携。特需寄与が来期以降にずれ込むなか(3月12日)
キヤノン 川崎に開発センター新設へ(3月12日)
ホソカワミクロン インドのチェンナイに現地法人を設立(3月12日)
コーセル 今期はここまで活況だが、受注には変化も。海外強化へ(3月9日)
イーター電機工業 高変換効率製品軸に国内販売強化。今期は黒字回復目指すが(3月9日)
TDK フラッシュメモリタイプで記録ディスク本体に参入。産業用(3月9日)
ヒビノ 映像機器商社のアイテムプラスを買収(3月9日)
三井化学 積水化学工業の複写機向けトナー用樹脂事業を買収(3月9日)
住友ベークライト スイスの樹脂材料会社を買収(3月9日)
カネカ 医療機器のJMSと資本・業務提携(3月9日)
アイコム 新工場は年内着工へ。今期は為替差益ありそうだが・・(3月8日)
野田スクリーン 大幅増益見通しだが、一般基板向け受注にはやや温度差も(3月8日)
東京エレクトロン 宮城県仙台近郊大和町に新工場。9日正式調印へ(3月8日)
古河電池 経営破たんの既報久留米電装(福岡)に焦げ付き(3月8日)
NEC 既報インドに続き、豪州でもシンクライアント事業を展開(3月8日)
日本電産 ディスクドライブ用モータで韓国LG電子を提訴(3月8日)
エルナー 前12月期は4期ぶり黒字確保。子会社移転でさらに経営基盤強化図る(3月7日)
ケル 既報予測の通り業績予想を上方修正。菊水電子工業が筆頭株主に(3月7日)
シスメックス 首都圏の事業所を再編。2カ所新設、4カ所閉鎖(3月7日)
住友電気工業 モータ用巻線の住友電工ウインテックを完全子会社化(3月7日)
タカラトミー 日本ビクター買収でも名前の出ているTPGと資本提携(3月7日)
アルチザネットワークス 次世代携帯電話市場向けテストシステムが活況推移(3月6日)
ブイ・テクノロジー 液晶市場低迷のなかタカノと提携。新規参入の露光装置は?(3月6日)
エルモ社 業務用監視カメラで三洋電機と協業。統一ブランド採用も(3月6日)
日本信号 東京都千代田区に本社を移転(3月6日)
東邦システムサイエンス 東証2部に上場へ。業績も好調(3月6日)
タイヨーエレック セガサミー傘下に。いよいよ遊技機器メーカーの再編、淘汰始まるか(3月5日)
オプテックス 車載センサに続き、今度は遠隔画像監視システム事業に参入(3月5日)
ゼンテック・テクノロジー・ジャパン インドに続き今度は国内北海道に開発拠点(3月5日)
住友金属鉱山 電池材料6割増、LED向けサファイア基板事業化など目指す(3月5日)
日本ミクロコーティング 市場ニーズが変化し業績は急失速の様相(3月5日)
キヤノンソフトウェア 蝶理情報システムを買収、子会社化(3月5日)
芝浦メカトロニクス 液晶パネル製造装置ではまだ在庫調整の影響。新製品は徐々(3月2日)
三洋電機 今度はレノボに販売したリチウムイオン電池でリコール (3月2日)
ジーエス・ユアサコーポレーション 今期は不動産売却で特別利益が寄与見通し(3月2日)
NEC インド市場強化。「シンクライアント」で現地大手と提携(3月2日)
日本ライトン パソコン向け停滞だが、EMS伸びる。パチンコ向けも開始(3月1日)
アーク 利益予想に減速懸念あるがM&Aは緩めず。新たな買収も決める(3月1日)
三相電機 板金加工、金型メーカーを買収(3月1日)
小糸製作所 韓国自動車用ランプの合弁解消、海外展開で意見合わず(3月1日)
アイシン精機 子会社が新工場を建設、手動変速機を5割増産へ(3月1日)

2007年3月報道の主な非上場企業(法人向け会員サイトで掲載) 
千葉精密(千葉県船橋市)、五興電機(東京都品川区)、セイコーインスツル(千葉市美浜区)、アイケン工業(高知県高知市)、ニューフレアテクノロジー(静岡県沼津市)、城山産業(岐阜県大垣市)、ミツトヨ(川崎市高津区)、ヒロセエンジニアリング(神奈川県藤沢市)、コスモ(北九州市小倉北区)、セイコーインスツル(千葉市美浜区)、岩田興産(東京都渋谷区)、パイオニクス(東京都東大和市)、新藤電子工業(東京都千代田区)、伊藤忠丸紅鉄鋼(東京都中央区)、日本アイ・ビー・エム(東京都港区)、ニデコ(東京都千代田区)、アストロデザイン(東京都目黒区)

このページのトップへ