購読料金
 (毎日更新)
法人向けサイト 月額 3,900円 (年払い、プラス年間1万円で週刊ジャーナルも郵送)
個人向けサイト 月額 2,500円 (6カ月 or 年払い、年間契約は1カ月分サービス)
 HOME企業動向 > 企業動向(2008年3月)
      
 <過去記事・2008年3月分> (詳細記事は会員サイト)
                                    ※非上場企業の当月報道社名は下欄 

<法人向けサイトのみの情報から一部タイトル抜粋>

エス・アール・シー・シー(東京都新宿区) 
      今日31日に破産を申請。電子部品商社、開発も(3月31日)

クラニシ(東京都目黒区) 
      31日付事業閉鎖。計測器・測定器製造(3月31日)

桜井電子工業(東京都荒川区)  
      電子業界向け金属管。19日付民事再生法申請(3月24日、25日続報)

電子経済研究所(東京都渋谷区)  
      倒産。破産へ。電子情報を刊行する電子業界専門の調査報道会社(3月24日)

隆祥産業(大阪市中央区) 
      基板実装主だが、自社製品部門拡大。チェコ進出、中国新工場(3月7日)


<企業動向情報からタイトル抜粋>
NECトーキン 携帯電話電池パックでまたトラブル。京セラは当面調達を中止へ(3月31日)
セガサミーホールディングス 業績悪化から横浜に予定していた複合施設の建設を中止(3月31日)
エヌ・ピー・シー 太陽電池製造装置の需要活況、業績予想を上方修正(3月31日)
神鋼電機 来年4月から「シンフォニアテクノロジー」に社名変更(3月31日)
東京カソード研究所 モリブデン電極倍増だが、装置低迷。プローブでは競合の影響も(3月28日)
富士電機ホールディングス 産業機器事業再編。子会社統合、仏社と合弁も(3月28日)
日立電線 ベトナムに生産進出。リスク分散で中国に続く量産拠点(3月28日)
三菱化学 リチウムイオン電池正極材料を増産(3月28日)
シャープ 薄膜太陽電池増産で堺新工場に720億円投じる(3月28日)
ナブテスコ 半導体製造装置用ドライ真空ポンプ事業から撤退(3月28日)
NECトーキン 4Qも引き続き低迷。海外携帯電話向け角型電池事業撤退(3月27日)
TDK デンセイ・ラムダに電源事業を集約、同社社名も改称(3月27日)
日立製作所 エルピーダメモリの保有全株式を売却へ。退職給付信託(3月27日)
京三製作所 本社工場建て替えの概要固まる(3月27日)
シライ電子工業 チップオンボード基板事業に参入。ミスズ(埼玉)を買収(3月26日)
テセック 横河電機のICハンドラ事業を買収(3月26日)
日立ハイテクノロジーズ チップマウンタの新工場が完成稼働へ(3月26日)
京セラ インクジェットヘッド事業に参入(3月26日)
日立電線 シンガポールの製造子会社再編。地域統括会社新設(3月26日)
東レ 電子部品向けなど拡大するPPS樹脂を2割増産(3月26日)
ミスミグループ本社 FA部品の協力工場だったSPパーツを買収(3月25日)
NECエレクトロニクス 自動車向け半導体強化狙いに大分に新工場(3月25日)
稲畑産業 新日本化成に10億弱の焦げ付き。既報不正取引絡み(3月25日)
南陽 中国カントリーリスクに対応してマレーシアに拠点(3月25日)
三菱電機 DDモータ市場に本格参入(3月25日)
D&Mホールディングス 売却先に米ハーマンの名前が浮上(3月24日)
島津製作所 医療機器事業強化狙いに、本社工場および島根で新工場(3月24日)
ヤマハ 業務用音響システム子会社2社を経営統合(3月24日)
デンソー 福島にカーエアコン工場。国内17年ぶり同品新工場(3月21日)
名古屋電機工業 情報装置4Q活況で、今期は黒字回復。予想を上方修正(3月21日)
大陽日酸 米国の産業ガス会社を買収(3月21日)
ユナイテッド・テクノロジーHD 計測器など販売、レンタルのニチエレを買収(3月19日)
フォスター電機 ヘッドフォン需要の拡大に対応、ベトナム第3工場建設へ(3月19日)
テクノメディカ 東証1部へ。2部を1年で通過。新社屋の建設計画も(3月19日)
三菱電機 ブルーレイに参入。太陽電池増産、半導体レーザも強化へ(3月19日)
日本写真印刷 携帯ゲーム機、携帯電話向けにタッチパネル増産投資(3月19日)
理想科学工業 08年3月期は増収増益予想だったが減益に(3月19日)
出光興産 FPD用透明電極ターゲット事業を再編(3月19日)
エルピーダメモリ ロジックIC、ファウンドリーに本格参入。受注は4Q底か(3月18日)
フェローテック 太陽電池向けで単結晶に加え多結晶炉事業に参入(3月18日)
トキメック 10月から旧社名の「東京計器」に改称(3月18日)
大日本スクリーン製造 半導体プロセスの開発センターが彦根に完成(3月18日)
三菱ケミカルHD 三菱化学がインド市場開拓狙いに現地法人設立(3月18日)
住友商事 4月1日付でアジア地域の統括会社を設立(3月18日)
荏原製作所 環境装置事業で早期退職優遇制度導入(3月18日)
ニューフレアテクノロジー 2月の下方修正予想からもう一段の悪化へ。納期ずれ込み(3月17日)
トミタ電機 08年1月期も損失。損失幅もさらに拡大へ(3月17日)
新日本無線 ドアホン用IC市場に参入。国内メーカー初(3月17日)
三菱マテリアル 三重に多結晶シリコンの新工場。キャパ3割増へ(3月17日)
大日本印刷 ソニーグループから熱転写インクリボン事業を買収(3月17日)
ミライアル 08年1月期は結局下方修正予想を若干上回る(3月14日)
サムコ 開発棟完成、稼働へ。1月中間躍進続き、MEMS寄与も(3月14日)
シャープ 携帯電話で中国市場に本格参入。高機能機種主体で(3月14日)
イビデン 岐阜県大垣にソリューションプラザを開設(3月14日)
デル 国内量販店ルート拡大続く。今度はエディオンと提携(3月14日)
ゼンテック・テクノロジー・ジャパン 薄型TVのバイ・デザインと関係強化。経営支援の側面も(3月13日)
マルマエ 10日付既報予測のように、やはり今期業績は下方修正だが(3月13日)
日本電産リード プリント基板用フォトマスク検査装置市場に参入(3月13日)
岩谷産業 半導体、太陽電池向けに需要拡大する液体水素で新工場(3月13日)
東光 PMIC強化のなかでウエハ生産でUMCJと提携(3月12日)
フィールズ 遊技機器業界地盤沈下のなかで業績上方修正(3月12日)
ミマキエンジニアリング 欧州販売強化狙いに、ドイツ代理店を事実上買収(3月12日)
旭化成 デジタル素材事業強化狙いに、新会社に統合(3月12日)
NEC IPTV事業に本格参入。10年度500億目指す(3月12日)
高島 液晶向け不振に加え繊維関連で焦げ付き。今期欠損へ(3月12日)
日本電子 今期業績低迷しているが、逆に投資活発。天童に新棟完成(3月11日)
山王 受注堅調だが採算低下。東北工場の事故影響も(3月11日)
ナ・デックス タイに販売の現地法人。東南アジアには初拠点(3月11日)
NECエレクトロニクス 500人を想定していた人員削減に685人が応募(3月11日)
三井化学 プラズマパネル用光学フィルタ事業から撤退(3月11日)
日立製作所 次世代半導体の基礎研究でIBMと提携(3月11日)
住友重機械工業 膠着化しているアクセリス買収で価格引き上げへ(3月11日)
ナナオ 堅調業績が一転、4Q急失速へ。パチンコモニタ不振(3月10日)
日立ハイテクノロジーズ 液晶製造装置の需要回復背景にクリーンルーム増強(3月10日)
きもと 機能性フィルム増産狙いに三重工場を増強(3月10日)
三菱ケミカルHD 三菱化学がインド市場拡大狙いに現地法人設立(3月10日)
パイオニア 既報プラズマ生産からの撤退正式発表。今期欠損へ(3月7日)
アトラス 中間予想上方修正だが、むしろ停滞。ゲームセンター不振(3月7日)
EMシステムズ 新本社ビルが完成、8日付移転(3月7日)
CIJ 高知にソフトウエア開発センターを開設(3月7日)
SUMCO SUMCO TECHXIVを株式交換で完全子会社化(3月6日)
山一電機 08年3月期は欠損幅さらに広がるか。液晶製造の子会社売却も(3月6日)
シーシーエス コストダウン効果が利益面で発現(3月6日)
日本ゼオン 複写機向けカラートナー事業に参入(3月6日)
日立製作所 薄型パネル再編のなかでPDP子会社も新体制(3月6日)
松下電器産業 パネル暖房器具に不具合。無償交換へ(3月6日)
NECネッツエスアイ システム構築およびパソコン販売会社を買収(3月6日)
アルチザネットワークス 上期携帯電話向け活況だが、足元受注には温度差も(3月5日)
日立製作所 GM向けにリチウムイオン電池を大量受注(3月5日)
荒川化学工業 液晶、基板材料など電子材料事業を強化へ(3月5日)
日立マクセル 次世代DVDなど光ディスクの社内生産から完全撤退(3月4日)
山洋電気 近く新工場建設に着手。サーボモータ量産拠点(3月4日)
パイオニア プラズマパネルからの撤退を検討中。7日発表か(3月4日)
NECエレクトロニクス 国内統合会社の社名など概要固める(3月4日)
三井情報 システム運用管理ソリューション事業を譲受(3月4日)
山武 中国支店徳山営業所を移転(3月4日)
オー・エイチ・ティー 今期予想および過年度業績修正。監理銘柄はひとまず解除(3月3日)
昭和情報機器 市場ニーズ追い風で、前12月期は3期ぶり黒字確保(3月3日)
三菱電機 携帯電話事業からの撤退を正式発表(3月3日)
大日本スクリーン製造 画像情報処理と電子機器事業を統合(3月3日)
東芝 電力システムなど社会インフラ事業を再編(3月3日)

2008年3月報道の主な非上場企業(法人向け会員サイトで掲載) 
エス・アール・シー・シー(東京都新宿区)、クラニシ(東京都目黒区)、ソーワコーポレーション(横浜市港北区)、大和電子機器(東京都千代田区)、狭山精密工業(埼玉県狭山市)、桜井電子工業(東京都荒川区)、シーバース工業(栃木県小山市)、田中電子(東京都三鷹市)、シキボウ電子(長野県箕輪町)、狭山精密工業(埼玉県狭山市)、東京電子器材(東京都中央区)、富士システム機器(神奈川県座間市)、新紀エレクトロニクス(東京都渋谷区)、帝人化成(東京都千代田区)、隆祥産業(大阪市中央区)、日本アイ・ビー・エム(東京都港区)、カルス(東京都港区)、シーバース工業(栃木家小山市)、京浜産業(東京都大田区)、日本工機(岡山県岡山市)、城東化成(島根県安来市)

このページのトップへ