購読料金
 (毎日更新)
法人向けサイト 月額 3,900円 (年払い、プラス年間1万円で週刊ジャーナルも郵送)
個人向けサイト 月額 2,500円 (6カ月 or 年払い、年間契約は1カ月分サービス)
 HOME企業動向 > 企業動向(2008年6月)
      
 <過去記事・2008年6月分> (詳細記事は会員サイト)
                                        ※非上場企業の当月報道社名は下欄 

<法人向けサイトのみの情報から一部タイトル抜粋>

デージー(長崎県大村市) 
      パチスロメーカー。不渡りだが事業継続、支援先の名も(6月27日)

土佐電子(高知県土佐市) 
      基板実装加工、液晶組立。ベトナムの第2工場9月稼働へ(6月26日)

エレネット(浜松市北区) 
      基板実装など。既報破産のテラダエレックス業務継承の実態(6月19日)

吾妻電機産業(東京都大田区) 
      LED表示ユニット。破産、負債3億余、街金からの借り入れも(6月13日)


<企業動向情報からタイトル抜粋>
エー・ディ・エム TOBで加賀電子の傘下に。上場は維持(6月30日)
MARUWA 1Qは依然として受注停滞。回復は下期以降に期待(6月30日)
ポラテクノ ソニー撤退に伴い、リアプロテレビ用偏光板事業撤退(6月30日)
日邦産業 半導体製造工程用カムメーカー、京都映工社を買収(6月30日)
NEC 米ソフト会社、ネットクラッカーを買収(6月30日)
イリソ電子工業 前期は為替差損響いたが、今期は逆転。OA向け第2の柱に(6月27日)
富士電機ホールディングス 制御機器、電源などシステム事業を再編(6月27日)
デンソー 販売会社を統合、再編(6月27日)
ソニー 中期経営計画を策定。低価格機種投入も示唆(6月27日)
東海理化 インドに2番目の生産拠点。自動車市場向け電子部品(6月27日)
キヤノン 既報大分トナー部品工場建設で正式調印(6月27日)
ブイ・テクノロジー 太陽電池市場に参入。業績はV字回復に期待(6月26日)
ニフコ 韓国、中国北京に新工場を計画。樹脂部品大幅増産へ(6月26日)
インスペック プリント配線板検査装置市場に参入。第2の柱事業に育成(6月26日)
ジェネシス・テクノロジー 希望退職の全体社員の2割110人が応募(6月26日)
富士エレクトロニクス 1Q堅調で今期回復傾向だが、受注はやや弱含み(6月25日)
シャープ 液晶、太陽電池に続く柱事業として、LEDを掲げる(6月25日)
ニコン 子会社通じ工業用内視鏡の販売を開始。内視鏡市場参入(6月25日)
アドバネクス 大分に精密ばねの新工場。携帯電話用ヒンジには底打ち感(6月24日)
日立マクセル 重点事業のピックアップレンズでブルーレイ用に参入(6月24日)
古河電気工業 特別利益の増額で今期は純益57%増へ(6月24日)
住友化学 白色LED照明機器事業に参入(6月24日)
松下電器産業 37インチ有機ELテレビの報道あったが会社側は否定(6月24日)
東京エレクトロン インド市場に参入。市場立ち上がり織り込み、現法設立(6月23日)
ケンウッド 米投資会社買収が決まったD&Mに出資か? 会社は否定だが(6月23日)
富士通 3次元CADなどPLM事業を再編(6月23日)
住友金属工業 永久磁石式リターダで欧州進出、ドイツに合弁会社(6月23日)
ディーアンドエムホールディングス 結局投資会社がTOBで子会社化。上場廃止へ(6月20日)
NECエレクトロニクス、エルピーダメモリ 表示パネル駆動用半導体で新会社(6月20日)
オムロン 自動改札機で実績持つICカード事業だが、配信サービスは撤退(6月20日)
凸版印刷 米IBMと22ナノ半導体用フォトマスクの共同開発に着手(6月20日)
ヤマハ 仏業務用スピーカメーカー、ネキソ社に買収提案(6月20日)
船井電機 米国にフィリップス製品販売の子会社設立(6月19日)
YOZAN  一時凍結としていたWiMAX事業はやはり撤退(6月19日)
三洋化成工業 新研究開発センターが完成、8月操業開始へ(6月19日)
出光興産 半導体製造用フォトレジスト線幅45ナノ対応製品投入(6月19日)
荏原製作所 早期退職の応募は募集下回る93人(6月19日)
石井表記 今期立ち上がりは低調だが、予定通りか。タイ工場7月稼働入り(6月18日)
アドバンテスト 前期末4Qに続き、今期1Qも停滞。ドイツでは買収も(6月18日)
寺崎電気産業 6億4,000万円の債権を放棄(6月18日)
サンデン メキシコのエアコン用コンプレッサ工場を完全子会社化(6月18日)
岩手・宮城内陸地震(続) 16日付続報。岩手・宮城県内に位置する電機業界の事業所一覧も(6月17日)
アビリット プリペイドカード事業分社、グローリーへ売却の布石か?(6月17日)
メルコホールディングス 欧州販売体制を再編。市場環境厳しいが、利益は安定的(6月17日)
コニカミノルタホールディングス ドイツに情報機器物流拠点、欧州再編が狙い(6月17日)
東芝 NAND型フラッシュメモリの生産ライン再編(6月17日)
三菱電機 一般向け白熱電球から2012年までに撤退(6月17日)
岩手・宮城内陸地震 14日発生の地震の影響を当該地区の業界関連事業所にヒヤリング(6月16日)
ミライアル 今期1Qはほぼ底ばい。回復見通しなど(6月16日)
フジトミ 太陽光発電システム事業に参入。新会社設立(6月16日)
ロブテックス 医療機器事業に参入。新会社設立(6月16日)
レシップ 前期はバス用ICカード特需続いたが、一巡か?(6月13日)
ACCESS 3期ぶり黒字確保に向けて、1Q予想上回る滑り出し(6月13日)
オリンパス チェコに医療機器で新工場(6月13日)
凸版印刷 32ナノ対応のフォトマスクプロセスを世界で初めて確立(6月13日)
双日 需要拡大する微粒子製造技術市場に本格参入(6月13日)
帝人 炭素繊維複合材料の開発強化狙いに、ベンチャー買収(6月13日)
TOWA 受注減は底打ち気配。半導体封止用金型増産で新工場も(6月12日)
エルピーダメモリ キマンダと次世代DRAM提携で正式合意(6月12日)
沖電線 業界初の立体フレキシブル基板を市場投入(6月12日)
古河電気工業 プリント基板・リチウム電池向け電解銅箔の子会社統合(6月12日)
トヨタ自動車 リチウムイオン電池を超える次世代電池開発へ(6月12日)
エプソントヨコム 高性能AT振動子が急拡大、対応して海外投資相次ぐ(6月11日)
東研 前4月期は黒字浮上予想が一転して欠損継続へ(6月11日)
山下医科器械 合意していた宮野医療器(神戸)との経営統合を撤回(6月11日)
共和工業所 前4月期は最高益更新だが、今期は一転3割の減益予想(6月11日)
加賀電子 アミューズメント事業強化狙いに、セガサミー子会社買収(6月10日)
日立マクセル デジタルペン事業譲渡。縮小ではなく、強化狙いと(6月10日)
村田製作所 ソフト子会社設立、ソフト販売事業に参入(6月10日)
NEC 競争激化が続く携帯電話事業で出荷倍増計画示す(6月10日)
住友重機械工業 米半導体製造装置会社アクセリスとの買収交渉に動き(6月10日)
リコー 販社統合に続き、今度は販売部門の管理会社を新設(6月10日)
ニレコ 本社工場に新棟を建設して生産子会社移転統合へ(6月9日)
ユナイテッド・テクノロジーHD 前期は実質大幅増収だが、為替差損で減益。社名を変更へ(6月9日)
三井ハイテック 為替差損と在庫調整の影響で今期立ち上がりは低調(6月9日)
日本サーボ 業績急回復のなか、社名変更、本社も移転(6月6日)
エー・ディ・エム 4月中間は売り上げ好調だが、為替差損が響く(6月6日)
オー・エイチ・ティー 5日に証券取引法違反で強制捜査受ける(6月6日)
パイオニア 再編続くプラズマテレビ販売でインド市場参入を模索(6月6日)
不二電機工業 立ち上がり第1四半期活況。重電向け端子台など(6月6日)
東レ 韓国樹脂合弁会社の資本を撤収(6月6日)
サムコ エッチング装置、MEMS装置拡大で、今7月期業績好調(6月5日)
東芝テック 国内外で新工場建設。経営再編の一環(6月5日)
日本セラミック 自動車市場向け超音波センサで新工場建設へ(6月5日)
NEC ベトナムのソフト子会社が現地法人と合併。業界で初(6月5日)
三菱化学 太陽電池・LED事業本格参入狙いに、植物プラント育成へ(6月5日)
ミヤチテクノス レーザ事業で韓国上場企業と業務提携(6月5日)
アライドテレシスHD 為替差損響き、今期立ち上がりは欠損。子会社2社を合併(6月4日)
キヤノン プロジェクタの液晶パネルを内製化へ(6月4日)
出光興産 電子材料の研究を専門に行う「ナノテク棟」が完成稼働(6月4日)
イビデン 米国DPF工場の建設中止、東欧強化か(6月4日)
アドテックエンジニアリング 足元受注にはようやく底打ち感。富士フイルムとの提携寄与は?(6月3日)
SUMCO SUMCO TECHXIVの営業権など継承(6月3日)
日立マクセル 長寿命のリチウムイオン電池材料開発へ(6月3日)
ブラザー工業 HOYAの携帯型プリンタ事業を買収(6月3日)
コンデンサ材料 東洋アルミニウム(大阪)と住軽アルミ箔(東京)が提携(6月3日)
山九 ベトナム北部に電子部品など物流拠点(6月3日)
ヒビノ 音響機器事業強化狙いにM&A。前期業績も好調(6月2日)
JSR 次世代半導体材料をトリケミカル研究所に生産委託(6月2日)
オプトロム 太陽電池使用の車載バッテリー参入で買収決まる(6月2日)

2008年6月報道の主な非上場企業(法人向け会員サイトで掲載) 
パイオニクス(東京都東大和市)、STマイクロエレクトロニクス、デージー(長崎県大村市)、カシオ電子デバイス(東京都渋谷区)、土佐電子(高知県土佐市)、ユーマックス(大阪府茨木市)、オリエンタルモーター(東京都台東区)、アイ電子工業(栃木県大田原市)、LSIクーラー(東京都杉並区)、富士通マイクロエレクトロニクス(東京都新宿区)、インターシル(横浜市西区)、エレネット(浜松市北区)、テラダエレックス(浜松市東区)、ミック電子工業(東京都品川区)、田中電子(東京都三鷹市)、吾妻電機産業(東京都大田区)、天竜精機(長野県駒ヶ根市)、協伸工業(東京都港区)、I−MAG・JET(川崎市川崎区)、デージー(長崎県大村市)、村田機械(京都市伏見区)、東洋工業(埼玉県川口市)、東京マイクロ(長野県佐久市)、協立電波(東京都八王子市)、旭プレシジョンサーキット(福島県西郷村)、ミクロ技研(東京都中央区)、東洋工業(埼玉県川口市)、恵和(大阪市東淀川区)、ユーフォニック・テクノロジー(横浜市港北区)


このページのトップへ