購読料金
 (毎日更新)
法人向けサイト 月額 3,900円 (年払い、プラス年間1万円で週刊ジャーナルも郵送)
個人向けサイト 月額 2,500円 (6カ月 or 年払い、年間契約は1カ月分サービス)
 HOME企業動向 > 企業動向(2010年9月)
      
 <過去記事・2010年9月分> (詳細記事は会員サイト)
                            ※は見本記事あり  ※非上場企業の当月報道社名は下欄 

<法人向けサイトのみの情報から一部タイトル抜粋>

オータックス(横浜市港北区) 
      DIPスイッチ受注拡大、新製品も投入。飯塚社長は会長に(9月30日)

島田理化工業(東京都調布市) 
      通信機器等。4期ぶり黒字浮上へ。社長交代も(9月30日)

住谷産業(兵庫県尼崎市) 
      プリント配線板。続報。やはり事業閉鎖だが、事態は複雑(9月29日)
      プリント配線板。倒産回避狙いに、事業移管を模索(9月15日)

セルコム(福岡市博多区) 
      医療機器。27日付民事再生(9月28日朝速報)

日栄通信(川崎市高津区) 
      基板実装。破産へ。主力販売先向けなくなり事業継続断念(9月22日)

東北デバイス(岩手県花巻市) 
      民事再生続報。カネカが事業を譲り受け、有機EL参入(9月21日)

中央電気工業(東京都千代田区) 
      電線、制御機器。破産の続報。債権者名簿(9月16日)

ダイヤテック(埼玉県所沢市) 
      破産続報。あと数日で仕掛品の継続生産を終了(9月10日)

TKR(東京都大田区) 
      基板実装、デバイス。自社製品投入で低迷打開へ(9月9日)

明和電機工業(神戸市長田区) 
      トランス、配電盤。破産へ。中国工場は存続か(9月3日)

イースタン(長野県茅野市) 
      プリント配線板等。工場増設近く完成、さらに新工場も(9月2日)


<企業動向情報からタイトル抜粋>
クボテック 今期V字回復予想だが、下期見通しは慎重(9月30日)
第一工業製薬 リチウム電池事業の子会社エレクセルが稲畑産業と提携(9月30日)
椿本チエイン ドイツに産業用機械部品などの販売会社(9月30日)
タムラ製作所 1Qやや低いが回復基調。アセアン事業を再編(9月29日)
オーイズミ パチンコ機参入は来期以降。年商20億のアニメ会社買収(9月29日)
武蔵精密工業 ベトナムのハノイ近郊に生産進出(9月29日)
日立製作所 昇降機の東南アジア、インド、中東統括会社(9月29日)
双葉電子工業 プレス金型子会社閉鎖へ。4年ぶり黒字確保に暗雲(9月28日)
太陽誘電 記録メディア事業の生産能力を4割削減(9月28日)
GSユアサ リチウム電池の栗東工場10月着工、用地の追加取得も(9月28日)
タイヨーエレック 9月投入のパチスロ機新機種が大ヒットの兆しだが・・・(9月27日)
マースエンジニアリング  競争激化に加え、ホール更新自粛の影響も(9月27日)
シーシーエス ゴーイング・コンサーン注記つくが、足元受注は改善(9月24日)
昭和電工 HDDでシンガポール工場に追加投資(9月24日)
東芝 産業用高効率モータのベトナム工場稼働入り(9月24日)
JXホールディングス 化合物半導体の用途展開狙いに、エピ加工部門売却(9月24日)
メイコー 欧州市場強化狙いにドイツ社と資本提携。一部持ち合い(9月22日)
シャープ 米国の太陽光発電開発事業会社を買収(9月22日)
キヤノン タイにプリンタ新工場。グループでキャパ4割増(9月22日)
ジャルコ 業績低迷続くなか、シンガポール販社を閉鎖(9月22日)
マルマエ 躍進後、低迷続く。中国メーカーの生産調整など影響受ける(9月17日)
スミダコーポレーション 中国湖南省に続き、江西省吉安にもパワーインダクタ工場(9月17日)
アドバネクス 英国生産子会社を統合、再編。受注好調だが・・(9月17日)
シャープ 液晶パネルの減産を解除。需給見通しには温度差(9月17日)
オルガノ ベトナムのホーチミンに現地法人設立(9月17日)
デンソー インドに拠点設立相次ぐ。今度はテクニカルセンター(9月16日)
ローム インテル向けチップセットを量産化(9月16日)
クラリオン 9月中間は赤字予想だったが、黒字見込みに(9月15日)
アウトソーシング 半導体の開発から量産受託で新会社(9月15日)
日立化成工業 タイの粉末冶金合弁会社を完全子会社化(9月15日)
原田工業 国内生産再編、人員削減も。高品質品海外シフト視野に(9月14日)
チッソ リチウムイオン電池の正極材事業に参入(9月14日)
三菱電機 有機EL大型パネル市場投入。100インチ以上は世界初(9月14日)
石井表記 ※  既報の太陽電池工場火災影響、長引く見通しに(9月13日)
三光合成 オランダの販売子会社を閉鎖、解散へ(9月13日)
タカノ 通期上方修正含み。アクチュエータ好調(9月10日)
SANKYO 今期好調。ビスティブランドのヒットが牽引(9月10日)
コマツ 太陽電池ワイヤソー、工作機械の増産で新工場(9月10日)
山善 汎用工作機械の輸入販売縮小。関連子会社閉鎖(9月10日)
山王 前7月期は連期欠損だが、今期は海外からまず回復へ(9月9日)
パナソニック電工 プリント配線板用の放熱積層板増産。LED市場拡大に対応(9月9日)
三菱ケミカルHD 負極材増産。リチウムイオン電池材料の投資相次ぐ(9月9日)
津田駒工業 工作機械需要回復背景に、凍結していた工場建設を再開(9月9日)
ミヤチテクノス ベトナムにサービス拠点。販売、製造も視野に(9月9日)
ピクセラ 10年9月期は業績急回復だが、懸念材料も(9月8日)
ノア 続報。買収断念した日本エーエムと急きょ新たな業務提携(9月8日)
ソニー スペイン液晶テレビ工場売却。欧州自社生産から撤退(9月8日)
三菱マテリアル 操業停止していた多結晶シリコン工場再開(9月8日)
イビデン 2次電池参入。JSR、東京エレクトロンとキャパシタ開発(9月8日)
石井表記 太陽電池ウエハ工場で火災。主力のプリント基板製造装置見通しも(9月7日)
三菱マテリアル タイに超硬工具の販社。新興国需要開拓狙い(9月7日)
電気化学工業 樹脂耐熱付与材の増産でシンガポールに新工場(9月7日)
SUMCO 業績予想上方修正だが、下期見通しは悪化(9月6日)
ブイ・テクノロジー 中国液晶メーカー向け検査装置受注が拡大(9月6日)
エヌ・ピー・シー 独太陽電池製造装置メーカー買収。初の海外生産拠点(9月6日)
ノーリツ 太陽光など環境関連機器開発で研究センター建設(9月6日)
スター精密 欧州向け工作機械受注好調。欠損幅半減見通しへ(9月3日)
古河電気工業 LED用反射板で液晶テレビ市場に参入(9月3日)
帝人 LED照明向け材料事業に参入(9月3日)
トミタ電機 採算ようやく若干改善。従業員は半減へ(9月2日)
昭和電工 ケミカル用アルミナでインドネシアに新工場(9月2日)
ソニー CMOSセンサ4割増産。高機能電話向け需要拡大に対応(9月2日)
JFEホールディングス JFEエンジニアリングが太陽熱発電事業に参入(9月2日)
ラサ工業 シリコンウエハ事業から撤退。全体従業員の半分を削減へ(9月1日)
グローリー イタリアの貨幣処理機販売会社を買収(9月1日)
アルプス物流 電源のTDKラムダ国内物流部門を譲受(9月1日)
シーエーシー 希望退職で募集人員を1割上回る応募(9月1日)

2010年9月報道の主な非上場企業(法人向け会員サイトで掲載) 
オータックス(横浜市港北区)、島田理化工業(東京都調布市)、住谷産業(兵庫県尼崎市)、セルコム(福岡市博多区)、アーム電子(東京都八王子市)、カシオマイクロニクス(東京都青梅市)、シチズン千葉精密(千葉県八千代市)、藤原電子工業(大阪府八尾市)、日栄通信(川崎市高津区)、AGCエレクトロニクス(福島県郡山市)、東北デバイス(岩手県花巻市)、三浦電子(秋田県にかほ市)、エクセル(広島県福山市)、加賀ハイテック(東京都千代田区)、ユメックスアイプラス(埼玉県深谷市)、中央電気工業(東京都千代田区)、オークラ輸送機(兵庫県加古川市)、住谷産業(兵庫県尼崎市)、タイコエレクトロニクスジャパン(川崎市高津区)、多摩川精機(長野県飯田市)、アジレント・テクノロジー(東京都八王子市)、坂口技研(千葉県柏市)、理研電線(千葉県市原市)、村田機械(京都市伏見区)、ダイヤテック(埼玉県所沢市)、サニカ(山梨県南アルプス市)、TKR(東京都大田区)、第一電線工業(奈良県安堵町)、ヒューズ・テクノネット(東京都八王子市)、前田硝子(東京都品川区)、豊洋クロステック(静岡県磐田市)、関東三洋セミコンダクターズ(埼玉県羽生市)、第一電線工業(奈良県安堵町)、京セラミタ(大阪市中央区)、明和電機工業(神戸市長田区)、イースタン(長野県茅野市)、京セラエルコ(横浜市都筑区)

このページのトップへ