電機・エレクトロニクス業界のニュースサイト・倒産情報/クリアリーフ総研


 
 
電機業界 企業分析電機業界 企業動向電機業界 新製品情報クリアリーフ総研 特集電機業界 中国情報電機業界 マクロ経済電機業界 倒産・速報/不渡り・情報電機業界 企業データベース・製品データベース電機業界 個人向け株式情報  
会員サイト案内無料試読申込み会員購読申込みコラム会社案内 
       中 国
中国での日系企業の工場運営、増設、増産、カントリーリスクなどの動き。香港、台湾も中華圏として対象
  掲載記事
 
記事見本はこちらから
2019年

 記事本文は会員サイトでご覧になれます。

2019年8月
豊和工業 中国生産から撤退(8月21日)
マクニカ 富士エレホールディングス 台湾上場商社へのTOB成立(8月19日)
島津製作所 天津に新工場棟。油圧機器増強(8月16日)
タムラ製作所 自動車用昇圧リアクタで佛山に進出(8月13日)
日新電機 遼寧省の薄膜コーティング増強(8月7日)
日本電産 EVモータで広州汽車と現地合弁(8月2日)

2019年7月
大陽日酸 上海で産業用ガス供給能力倍増へ(7月30日)
寧徳時代新能源科技(CATL) 蓄電池でネクストエナジーと提携(7月26日)
トヨタ自動車 車載電池で最大手中国CATLと提携(7月18日)
ユニプレス 武漢に生産進出(7月10日)
サンデンホールディングス 新工場など現地事業展開(7月5日)

2019年6月
昭和電線ホールディングス ワイヤハーネス新工場(6月28日)
FDK 蘇州子会社が清算入り(6月27日)
堀場製作所 上海に中国事業統括子会社(6月24日)
セイコーエプソン プリンタの新ビジネス(6月21日)
出光興産 恵州に高性能潤滑油の新生産拠点(6月17日)
アイシン精機 中国アフターマーケット市場開拓強化(6月14日)
ルネサスエレクトロニクス 上海VWと共同研究所(6月11日)
ダイキン工業 化学品で常熟に現地法人(6月10日)
明電舎 EV用モータで中国生産進出(6月7日)

2019年5月
古野電気 東莞の来料加工廠を現地法人化(5月24日)
JFE商事(東京都千代田区) モータコア材料で中国強化(5月21日)
リコー 米国向け生産を深せんからタイにシフト(5月17日)
オークマ 常州に生産進出。台湾からシフト(5月9日)
京セラ 深せんにイノベーションセンター(5月7日)

2019年4月
大日本印刷 廈門で半導体フォトマスク(4月24日)
三光産業 深せん工場を閉鎖(4月23日)
日亜鋼業 メッキ線子会社が17日生産休止(4月19日)
KTC 福建省子会社売却。中国生産撤退(4月16日)
東レ 広東省に水処理製品現地法人(4月10日)
ジェネシスホールディングス(東京都千代田区) 深せん工場を拡張移転(4月5日)
日本電波工業 量産拠点の蘇州工場移転へ(4月4日)
シャープ 再参入パソコン事業で台湾現法(4月3日)

2019年3月
愛知製鋼  EVにらみ浙江省でモータ磁石増産(3月27日)
日本ガイシ  ガイシの中国生産から撤退(3月26日)
JFEスチール(東京都千代田区) EVにらみ負極材中国合弁(3月22日)
トリケミカル研究所 台湾に半導体材料で生産進出(3月19日)
帝国電機製作所 中国子会社で不正会計(3月18日)
日立製作所 中国子会社5社を統合(3月12日)
三井化学 中山で長繊維GFPP生産開始(3月8日)

2019年2月
タクミ商事(東京都新宿区) 電子部品商社。中国新拠点(2月27日)
アイリスオーヤマ(仙台市青葉区) 蘇州工場増設。家電増強(2月26日)
三菱重工業 江蘇省海門に合弁販社(2月22日)
山九 中国医療機器物流に本格参入(2月20日)
西川ゴム工業 湖北省孝感に生産進出(2月18日)
マブチモーター 中国体制を再編(2月8日)

2019年1月
CKD 無錫に新工場棟(1月25日)
帝人 常州に自動車部品で生産進出(1月17日)

2018年

 記事本文は会員サイトでご覧になれます。

2018年12月
オリンパス 生産休止の深せん工場売却(12月26日)
パナソニック 中国、台湾で基板材料を強化(12月18日)
三井金属 極薄銅箔の中国市場開拓強化(12月10日)
富士フイルムホールディングス 中国医療関連事業強化へ(12月6日)
出光興産 有機EL材料で成都に生産進出(12月5日)

2018年11月
東海理化 営業開拓狙いに無錫に現地法人(11月30日)
日産化学 蘇州で液晶パネル試作(11月27日)
牧野フライス製作所  崑山工場を大幅増強(11月22日)
住友商事  自動車アフター部品市場で現地法人(11月16日)
安川電機 太陽光発電向けパワコン(11月16日)
ニフコ  香港再編。中国市場ニーズに誤算(11月14日)
村田製作所  今度は無錫でMLCC追加投資(11月9日)

2018年10月
JIMテクノロジー(川崎市川崎区) 建設機械。香港社を買収(10月30日)
トヨタ紡績  天津子会社が新本社工場に移転(10月26日)
関東電化工業  中国に半導体ガスで生産進出(10月19日)
ダイセル  事業化目指すレンズで台湾拠点(10月18日)
セントラル硝子  半導体成膜ガスで中国生産進出(10月15日)
デンソー  コックピット開発で現地合弁会社(10月9日)
富士通ゼネラルエレクトロニクス(岩手県一関市) 蘇州に基板販社(10月5日)
日本電産 台湾放熱部品メーカーと資本業務提携(10月2日)

2018年9月
TOWA 南通に新たな製造拠点(9月27日)
KTC 中国生産から撤退(9月26日)
メック プリント基板薬品中国増強再編(9月25日)
東芝三菱電機産業システム(東京都中央区) 広州現法を子会社化(9月14日)
UACJ アルミ電池箔中国参入。コンデンサ箔増産(9月12日)
ムトー精工 太倉の工場で火災。既に再開(9月7日)

2018年8月
パナソニック 中国業務用空調機器販売を統合(8月27日)
ホシザキ 浙江省の子会社を売却(8月23日)
ローツェ 上海にライフサイエンスで合弁(8月17日)
京セラドキュメントソリューションズ(大阪市中央区) 東莞増設棟完成(8月15日)
RS Technologies 山東省徳州にシリコンウエハ工場(8月13日)
村田製作所 無錫のリチウム電池工場完成(8月10日)
シャープ 国内縮小のなか煙台で合弁生産会社(8月9日)
オークマ 台湾合弁が新工場に移転(8月7日)

2018年7月
大日本塗料 浙江省嘉興に生産進出(7月30日)
島津製作所 中国分析機器販売戦略を見直し(7月26日)
テルモ 中国医療機器メーカー買収(7月25日)
リコー 東莞に新工場。移転、集約(7月20日)
安川電機 EV市場にらみ現地企業に出資(7月19日)
サンデンホールディングス 上海生産体制を強化、再編(7月13日)
レカム 大連子会社が新三板に上場(7月6日)
安川電機 常州第3工場が完成(7月5日)

2018年6月
富士電機 大連にパワエレシステム合弁会社(6月26日)
DOWAホールディングス 南通にメッキ加工拠点(6月25日)
ジヤトコ(静岡県富士市) 江蘇省にCVT新工場(6月22日)
スズキ 中国合弁をようやく解消(6月20日)
日本山村硝子 台湾に光通信用レンズで合弁会社(6月18日)
たけびし 中国再編。電子デバイスも開拓(6月15日)
日邦産業 都市開発で深せん工場閉鎖。撤退方向(6月14日)
オムロン センサ増産で上海に新工場(6月11日)
HIOKI 台湾に現地法人設立(6月8日)
アネスト岩田 台湾に小型圧縮機生産の合弁会社(6月1日)

2018年5月
マブチモーター 江西省で材料加工会社を買収(5月30日)
岡部 中国生産から撤退。販売は継続(5月23日)
メック プリント基板薬品で江蘇省常熟に(5月21日)
ニコン 中国無錫のデジカメ工場解散(5月21日)
イリソ電子工業 江蘇省南通の新工場が完成稼働(5月18日)
きもと 上海子会社を閉鎖。販売は継続(5月15日)
オリンパス デジタルカメラ中国生産から撤退(5月8日)
フォスター電機 香港、南京に拠点を開設(5月1日)

2018年4月
NSC(大阪府豊中市) 上海に現地法人(4月27日)
三菱重工業 青島の合弁会社を移転、拡張(4月26日)
アイシン精機 広州と浙江省に合弁生産進出(4月25日)
積水化学工業 上海に自動車用ガラス調査拠点(4月20日)
出光興産 有機EL材料で成都に生産進出(4月13日)
日立化成 プリント基板材料で台湾に生産進出(4月12日)
日立化成 重慶に異方導電フィルム評価施設(4月10日)
信越ポリマー 台湾に販売拠点。支店開設(4月6日)
豊田合成 中国再編。子会社化と合併(4月2日)

2018年3月
ツガミ 内陸部の安徽省に新工場(3月26日)
ブイ・テクノロジー 半導体ウエハ研磨で海寧に合弁(3月22日)
パナソニック 大連で車載用リチウム電池量産化(3月14日)
富士通 中国で合弁。スマート製造を開拓(3月12日)
東京衡機 無錫の生産子会社を移転(3月9日)
セントラル硝子 江西省にリチウム電池材料工場(3月8日)

2018年2月
愛知製鋼 中国EVモータ参入にらみ、資本参加(2月28日)
本多通信工業 香港2子会社を統合(2月26日)
日東精工 浙江省に新棟。ネジ、工業用ファスナー(2月20日)
パナソニック 上海で半導体封止材の生産開始(2月13日)
SCREENホールディングス 常熟に製造装置生産子会社(2月7日)
フタバ産業 重慶生産子会社を現地ローカルに売却(2月2日)

2018年1月
凸版印刷 上海でフォトマスク先端製品増産(1月26日)
パンチ工業 大連工場増設棟が完成(1月22日)
大日本印刷 米フォトロニクスとの廈門合弁(1月18日)
宇部興産 三菱ケミカルと中国電解液統合(1月17日)
フジプレアム 中国上海の生産子会社解散へ(1月15日)
リョーサン モータコントローラで中国ローカルに出資(1月10日)

2017年

 記事本文は会員サイトでご覧になれます。

2017年12月
岩谷産業 西安にヘリウムセンター(12月25日)
長瀬産業 EV部品で恵州に合弁生産拠点(12月18日)
三井化学 寧波の電解液増設ライン稼働(12月12日)
住友化学 常州に続き西安も増強(12月8日)
スター精密 大連の工作機械工場に新棟(12月5日)
CKD 電動アクチュエータで台湾社と提携(12月1日)

2017年11月
住友化学 常州に半導体用ケミカル工場(11月29日)
三菱ケミカル(東京都千代田区) 液晶フィルムの無錫増強(11月27日)
日立製作所 広州にEV用モータ子会社(11月24日)
三菱電機 常熟で産業用ロボット生産(11月17日)
ジーテクト 武漢に新工場。欧州にも(11月13日)
SMK 深せん工場を来春移転(11月10日)
アネスト岩田 中国圧縮機メーカー買収(11月6日)
日立化成 蘇州に導電フィルム解析施設(11月1日)

2017年10月
ニコン 中国無錫のデジカメ工場を閉鎖(10月30日)
三菱マテリアル 天津テクニカルセンターを拡充移転(10月24日)
三井化学 台湾に半導体製造用テープ工場(10月24日)
三光合成 武漢地区に成形品工場(10月20日)
日立金属 浙江省寧波に現地法人(10月16日)
トクヤマ 台湾に半導体洗浄液の新工場棟(10月13日)
信越化学工業 光ファイバ材料の中国生産倍増(10月10日)
三菱電機 常熟増設。サーボモータ増産(10月6日)
双葉電子工業 閉鎖した天津子会社の不動産売却(10月5日)
日産化学工業 蘇州に液晶材料で現地法人(10月3日)
小糸製作所 上海子会社を合弁相手に売却(10月2日)

2017年9月
昭和電工 珠海に熱硬化性成形材料工場(9月28日)
ツガミ 中国子会社が香港市場に上場(9月27日)
JCU 湖北省にメッキ薬品工場。基板向け(9月25日)
フェローテックホールディングス 杭州に8インチウエハ工場(9月22日)
住友大阪セメント 東莞で100GのLN変調器(9月13日)
日鉄住金物産 東莞コイルセンターを統合(9月12日)
淀川製鋼所 家電向け鋼板販売で上海合弁(9月11日)
オークマ 広州にテクニカルセンター(9月8日)
有沢製作所 台湾でフレキシブル基板材料増強(9月7日)

2017年8月
シライ電子工業 中国で台風被害。珠海工場影響は?(8月28日)
旭化成 常熟に樹脂コンパウンド新工場(8月25日)
CKD 無錫工場増強。自動化ニーズに対応(8月14日)
NEC リチウム電池会社を中国ファンド傘下に(8月9日)
富士精工 大連子会社が大雨で稼働休止(8月8日)
本多通信工業 深せんで車載カメラコネクタ増産(8月7日)
VAIO(長野県安曇野市) パソコン。中国市場へ参入(8月3日)

2017年7月
日本ガイシ 新工場。中国排ガス規制強化に対応(7月28日)
安川電機 ロボット増産で常州に新工場(7月24日)
平田機工 上海でスカラ型ロボット生産(7月21日)
神戸製鋼所 平湖の線材二次加工拠点増強(7月14日)
京三製作所 安徽省の合弁会社稼働開始(7月10日)
日本冶金工業 南京に高機能材合弁会社(7月7日)
大陽日酸 江蘇省に半導体ガスで生産進出(7月5日)

2017年6月
華為技術(ファーウェイ) 日本国内に工場確保の動き(6月30日)
日清紡ホールディングス 煙台にブレーキ摩擦材工場(6月20日)
フェローテックホールディングス 半導体ウエハで台湾社と提携(6月15日)
シーシーエス 合弁解消して独資新設へ(6月5日)

2017年5月
住友化学 成都に新工場、大連も増強(5月29日)
出光興産 有機ELでBOEと提携。現地法人も(5月25日)
戸田工業 台湾企業にICタグの技術供与(5月22日)
神戸製鋼所 車用アルミパネル材の天津工場稼働(5月19日)
大日本印刷 厦門にフォトマスクで合弁工場(5月18日)
昭和電工 南通でコンデンサ用アルミ箔増産(5月12日)
フェローテックホールディングス 大連に工場。半導体製造向け(5月8日)
パナソニック 大連で車載リチウム電池(5月1日)

2017年4月
安川電機 中国EMSと合弁会社(4月25日)
積水化学工業 中国水インフラ子会社を売却(4月21日)
荏原製作所 烟台の現地法人を完全子会社化(4月17日)
ソニー 電子ペーパーで台湾社と合弁(4月11日)
アルプス電気 無錫工場を4割拡張(4月4日)

2017年3月
日本軽金属(東京都品川区) 中国合弁を解消(3月27日)
JFEスチール(東京都千代田区) 中国で初めて自動車用鉄粉(3月17日)
グンゼ 台湾での電子部品生産から撤退(3月13日)
三菱電機 常熟でサーボモータ増産(3月10日)
TOWA 蘇州工場増強。半導体装置倍増へ(3月7日)

2017年2月
日新製鋼 台湾でステンレス精密圧延合弁(2月24日)
旭化成 高機能樹脂で現地合弁(2月16日)
河合楽器製作所 香港企業と資本提携(2月10日)
シスメックス 台湾代理店から事業譲受(2月9日)
神戸製鋼所 中国事業見直しで全体欠損へ(2月3日)

2017年1月
ウシオ電機 中国医療機器事業で合弁(1月23日)
GSユアサ(京都市南区) 天津に鉛蓄電池の新工場(1月20日)
安川電機 瀋陽に新工場。サーボモータ増産(1月19日)
JX金属(東京都千代田区) 中国子会社を売却(1月18日)

 2016年以前の記事タイトルと記事本文は会員サイトでさかのぼってご覧になれます
このページのトップへ
  記事見本
<三光産業>(7922、ジャスダック)  

深せん工場を閉鎖
2019年4月23日

 
AV・OA機器用ラベルなど特殊印刷製品、タッチパネル関連製品などを手がける中国・深せん工場を閉鎖する。

 米中貿易摩擦による中国経済の減速基調が顕在化するなか、印刷需要の減少ならびに中国国内における同業他社との価格競争の激化に加え、中国政府による環境規制厳格化などの外的要因もあり、経営が悪化していた。これ以上の継続は困難と判断、閉鎖を決めたもの。生産停止は19年6月を予定している。なお現地販売は継続するため、2019年中をメドに、別途深せんに販売会社を設立する。

 生産停止するのは、2007年に全額出資で設立した「燦光電子(深せん)」で、工場閉鎖に伴う関連損失として、三光産業は19年3月期に1億円の特別損失を計上する。

 三光産業の19年3月期連結業績は、全体的な業績低迷に加えて、この特別損失の影響もあり、最終で3億円の赤字に転落する見通し。なお前年18年3月期は2億5,200万円の黒字、19年3月期の従来予想は9,000万円の最終黒字見通しだった。

  記事見本
<ニフコ>(7988) 

香港再編。中国市場ニーズに誤算
2018年11月14日

 
香港を再編する。香港のベッド工場を閉鎖するため、同居している合成樹脂成形品の香港拠点もこれを機に転出するというもの。

 ニフコは自身は工業用ファスナーなどを手がけるが、経営多角化の一環として、1996年にベッド製造の老舗、シモンズ(東京都港区)を買収していた。そのシモンズの香港工場を閉鎖する。中国市場における「香港製」の評価が当初想定していたほど高まらず、販売低迷が続いているのが要因。シモンズが手がける中国市場向けのベッドは日本からの輸出と中国蘇州工場での生産に集約する。

 工場を閉鎖するのはSimmons Bedding & Furniture (HK) Ltd.の香港工場で、工場の建屋などは合成樹脂成形品事業などを手がけるNifco (HK) Ltd.が所有している。今年12月末をメドに閉鎖する予定で、工場は香港の大埔地区にあり、敷地3,056平方メートル、建物が延べ床面積7,424平方メートル。

 工場閉鎖後、不動産は売却予定で、ニフコへの業績影響は精査中。


  記事見本
<ニコン>(7731) 

中国無錫のデジカメ工場を閉鎖
2017年10月30日

 
スマホの普及によりコンパクトデジタルカメラ市場が縮小しており、10月30日付で中国無錫のデジタルカメラ工場を閉鎖した。今後現地子会社は清算手続きに入る。中国無錫工場は、従業員2,285人を抱え、コンパクトデジカメの完成品組立および一眼レフデジカメなどのデジカメ用光学ユニットの製造を行っていた。

 ニコンは、中国無錫のほか、タイ子会社と国内の仙台ニコン(宮城県名取市)でもデジカメを生産していたが、コンパクトデジカメの内製拠点については中国工場だけだった。ただ実際にはコンパクトデジカメのおよそ8割は海外を主としたアウトソーシングで、今回の無錫工場閉鎖はコンパクトデジカメの内製を止めるという措置。無錫生産分は、コンパクトデジカメは外注委託を増やし、一眼レフモジュールは他の拠点での増産などに振り分ける。また中国市場での販売は従来通り継続する。

 ニコンのコンパクトデジカメ販売は、今期は対前期比で2割程度の減少となる230万台を見込んでいた。一部報道ではこのすべてが中国無錫工場での生産となっているが、これは間違いで、実際には前述のようにコンパクトデジカメのおよそ8割は外注だった。

 無錫工場は社名が「Nikon Imaging (China) Co., Ltd.」。2002年の設立で、資本金は3,200万USドル、ニコンの香港子会社が全額を出資していた。16年12月期は売上高12億3,666万元で、14年12月期は同18億元という規模があったから、2年間で売上高は3割減少していることになる。また無錫工場閉鎖に伴う損失は70億円程度と見込んでおり、ニコンでは今期業績予想に織り込む予定。

このページのトップへ
Copyright (c) 2010 Clearleaf soken co., ltd. All Right Reserved.