電機・エレクトロニクス業界のニュースサイト・倒産情報/クリアリーフ総研


 
 
電機業界 企業分析電機業界 企業動向電機業界 新製品情報クリアリーフ総研 特集電機業界 中国情報電機業界 マクロ経済電機業界 倒産・速報/不渡り・情報電機業界 企業データベース・製品データベース電機業界 個人向け株式情報  
会員サイト案内無料試読申込み会員購読申込みコラム会社案内 
       会社案内
  独自の切り口により、斬新な企業信用情報を毎日配信するエレクトロニクス業界専門ニュースサイト
 過去記事は検索もできるため貴社のデータベースとしてご利用になれます。与信管理、販促に最適
    電機、エレクトロニクス業界の情報を専門にWebにて提供する会員制の報道機関です
    各企業の動向、業績の取材や倒産情報などを独自に取材し、毎日情報を更新しています
    電機業界上場・非上場各社の情報をデータベース化(会社概況と記事の蓄積)しています
    製品市場別のデータベース化(メーカー別シェアや関連記事の蓄積)して提供しています
    法人会員には記事タイトルを毎日メール配信、注目度が高い倒産速報は速報配信も
    Web上で電機業界の会社概況を検索出来る「エレサーチ」を構築、随時更新しています
会社名 株式会社クリアリーフ総研
代表者 代表取締役 高橋潤一郎
設立 2004年12月
所在地 〒160-0023 東京都新宿区西新宿8−14−19 小林第2ビル
 電 話 (03)5337−9446 FAX(03)3227−0191
業務内容 1)Webと週報を通じての電機業界のニュース&リポート配信
2)電機業界各社および市場ごとのデータベース構築
3)倒産速報、企業ごと信用調査サービス
4)仕入先・販売先など会社概況検索システム「エレサーチ」運営
5)株式投資に関する情報配信
社名の由来 地球温暖化の深刻化とともに、今、改めて緑の大切さが問われています。
こうしたなかでクリアリーフ総研は、クリア(澄んだ)な、リーフ(葉っぱ)でありたいという思いが込められています。ハイテク技術は、緑との共存がこれからの課題となります。我々は、アンテナの役割を果たしながら、ユーザーにとって滋養を吸収する一枚の澄んだ葉っぱでありたいと思っています。
執筆&
   監修本
電機・エレクトロニクス業界の各市場研究、企業分析などについて、弊社サイト以外のメディアでも原稿執筆、記事監修などしています。
Webマガジン「ウェジー」に連載を始めました。
2018.10.14   コニカミノルタ。バイオに展開
       
「ビジネスジャーナル」に定期的に執筆しています。
2018.10.11   資本提携で経営逼迫脱出目指す2社
2018.08.07  田淵電機。ADR再建での復活ポイント
2018.05.10  好業績の電機業界だが赤字企業も
2018.02.27  法改正でパチンコ大手SANKYOは?
2017.12.07  急成長、急降下の黒田電気が上場廃止
2017.08.30  パチンコ業界の本格的衰退
2017.05.21  好景気のなか経営悪化する企業も
2017.03.08  いよいよ正念場の東芝。東芝の未来
2016.12.09  韓国経済の危機が日本企業を直撃
2016.12.07  中国、「世界の工場」の終わりの始まり
2016.09.07  円高ショックで一斉に業績下方修正
2016.07.14  英国EU離脱で戦略見直しの業界3社
2016.06.02  電機大手総崩れ。16年3月期業績
2016.04.27  電機業界に甚大な被害・熊本地震
2015.12.17  超優良企業も陥る偽装の代償
2015.11.12  中国減速の影響と底打ちについて
2015.10.15  8年ぶり黒字に不安な兆候
2015.09.11  歪んだ中国経済。日本に訪れる事態
2015.08.19  寸前で上場廃止回避のメーカー
2015.07.06  大幅増収だが赤字の電子部品商社
2015.06.12  業界活況のなか赤字企業も
2015.05.04  中国進出リスク
2015.04.10  不可解な連鎖倒産
 
 
出版文化社創刊のリーディング・カンパニー シリーズ 「東芝」を執筆しました。

第4章 業界の「先」を読む クリアリーフ総研 代表取締役 高橋潤一郎
業界地図/日本の経済成長を支える電機業界/世界市場における日本の電機産業/国内電機業界の現状と課題/国際的な視野と環境保護の視点で企業を考える

廣済堂出版「業界再編地図」において、電機業界のページを監修いたしました。
加速する業界M&Aについて、液晶パネルとパチスロ機器関連市場を採り上げています。

「業界再編地図 三角合併で注目のM&A株45」

スティール・パートナーズをはじめとする投資ファンドに狙われ続ける日本企業。外国資本による三角合併解禁の今、銀行をはじめとする日本の主要業界が大再編時代に突入した。20人の精鋭プロが予測する業界未来地図
 <ほかの執筆紙など一覧>










「ネットマネー (NET M@NEY)」

夕刊フジ ≪株−1グランプリ≫

宝島誌選出ベストアナリスト
(2007年年間首位、09年上期2位)



「日経 TOP LEADER」(日経BP社)


「ダイヤモンド・マネー」 (ダイヤモンド社)

ほか
このページのトップへ
Copyright (c) 2010 Clearleaf soken co., ltd. All Right Reserved.